Blu-ray USA.jpg
Blu-ray映画はレンタル店で限られた作品ながら借りることは出来るが、音楽はなかなか無いし海外物は皆無に近い。友人が最近ネットで注文しているとの事で初めて注文してみた。

まずは先日コンサートで見たJeff Beck「Live at Ronnie Scott's Jazz Club」は2008/11/24にCDで発売になっている、DVDは2009/3/25に発売予定、日本のアマゾンで3,652円で予約出来る。

2007年11月27~12月1日200人ほどの小さな会場でライヴ映像をBBCで放送したのを正式リリースとの事。メンバーにはちゃんとタルちゃんも入ってるし、ゲストでERIC CLAPTONが二曲参加している。

Jeff Beck (g)
Tal Wilkenfeld (b)
Vinnie Colaiuta (dr)
Jason Rebello (key)

これが輸入盤のBlu-rayだと2,574円と逆転しているしボーナストラックが7曲もある。これでも十分安いが、今回はAmazon.comで$18.99と今現在Yahoo!ファイナンスで外国為替換算で試算すると95.92なので1,822円となり、送料はスタンダード10~16日で5ドル+3ドルx枚数なので一枚単体で768円で合計2,590円と単体では高くなり日数も掛かるのでお買い得感は薄いが、もう一枚頼めば送料が$2.5安くなるので、2,350円となる。

もう一枚はPat Metheny Group「The Way Up」2005/1/25にCDは発売、ノンサッチ・レコード移籍第一弾のアルバムで2006年度グラミー賞ベスト・コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞受賞している。DVDは、日本のアマゾンで4,400円。

CD発売当初は、賛否両論があったとの事で、路線を変更した作品になっているのか?メンバーはお馴染みだが、ハーモニカの歴史を変えた革命児グレゴア・マレットが参加しているのが非常に興味がある。

Pat Metheny ( Guitar )
Lyle Mays ( Keyboards )
Steve Rodby (Bass)
Antonio Sanchez ( Drums )
Gregoire Maret (HCA)
Cuong Vu ( Trumpet )
David Samuels ( Percussion )

同じく輸入盤のBlu-rayだと2,521円とこれまた逆転している。Amazon.comで$17.99なので送料込みで、2,254円となる。

さて何時届くか楽しみではあるが、商品代と送料のバランスは気になる、日本のアマゾンでの輸入盤価格が米国版とそれほど違いが無く適正なので日数は掛からず、単品でも送料が掛からない(複数注文しても送料が安くならない)ので日本で十分か、洋画は日本語字幕が入っていれば安いが、それを調べる手立てが難しいそう、日本のアニメならかなり安い(日本価格が高い)と言うのは下記のリンク先の通り。

Subtotal of Items: $36.98
Shipping & Handling: $10.97
Total for this Order: $47.95

・英国Amazonでのお買い物が危険すぎる
・Amazon.comで買い物する方法 (個人輸入)

(2009/04/13)今日クレジットの請求書が届いた47.95$×99.683=4,779円、申込時の輸入盤の価格が2,350+2,254=4,804円だから差額はわずか、届くまで14日も掛かったので、在庫があれば日本の日本のアマゾンで輸入盤を購入するのが、早くて便利。

初めての注文なのだが何も問題なく良い経験となった。米国の商品を手軽に購入できる手段があるのはいざというときに役立つだろう。