自宅の留守録音に古い友人の家内ですと言う着信伝言があった、奥様とは面識が無かったが、友人からの伝言では無いのでいやな予感がしたが早速折り返した。2017年4月30日4時56分に膵臓がんで永眠したとの事。

彼とは小学校時代にもう一人の友人と常に一緒に遊んだ仲だったが、中学一年の時に宝塚に引っ越して、その後18歳の時に自宅に遊びに行ってからは年賀状でのやり取りしかしていなかった、何時か逢おうとお互い年賀状には書き留めていたがついに叶わなくなってしまった。

前夜祭に参列してきた、小学校時代の同級生も何人か見かけた、遺影写真を見ると当時の面影はあったが、永眠する前に逢いたかったなぁ。

彼はキリスト教の洗礼を受けていたので、キリスト教での葬儀となり、前夜式と告別式となる、キリスト教では、死が全ての終わりという考えでは無く、神の召しによって神のみもとへ帰って行くとの事、聖書の朗読、讃美歌斉唱、牧師の説教を受けた。