暑い関東を抜け出して北海道に避暑してきたが、なんと年に10日も無いという酷暑にぶち当たり、その日は全国で北海道が一番気温が高かったと言う外れを引いてしまった、しかし気温は高いが湿度は割と低く、日陰や風があると涼しく感じた。今回はバスツアーに参加した、ガイドと添乗員と運転手さんに三日間お世話になった。

20170714_01

羽田空港 09:05発 JAL507 千歳空港 10:40に到着し、高速道路で旭川市のご存じ旭山動物園、平日という事も有り園内は空いていたが、シロクマ君もこの暑さには参っている様子。

20170714_02

体長90cm前後の頭部とフリッパー(両手)と尾羽が黒、背中は濃い灰色、腹部は白く、くちばしの下と耳の周辺、喉元がオレンジ色で美しいキングペンギンが一番映えていた、しかしミストを浴びて動かないペンギンも多くやはりこの暑さには参っていたのだろう。

20170714_03

大雪山のふもと上川郡の層雲峡は、約3万年前の大雪山の噴火により堆積した溶結凝灰岩が石狩川によって浸食されたことにより形成された、高さ200m前後の柱状節理の断崖。今回は時間が無く朝陽亭にチェックインしたら外出する時間は無かったが、石狩川沿いには渓谷美な景色が満載しているので、また行ってみたい。

20170715_01

翌日バスで美瑛の展望花畑 四季彩の丘へ、ラベンダーやルピナス、コスモス、ヒマワリなど年間約30種類の草花が、丘全体にカラフルなじゅうたんのように咲く美瑛を代表する花園、なかなか綺麗だった。

20170715_02

1988年に噴火した十勝岳の堆積物による火山泥流災害を防ぐため、美瑛川本流に複数建設された堰堤のひとつに水が溜まった偶発的に人造池で水質は青くないが、太陽光がコロイドの粒子と衝突散乱して水の吸収による青色の透過光が加わり、美しい青色に見えると言われている。

Apple社OSへの壁紙採用されてから口コミで広がり、有名になったようだが駐車場しか設備の無いのが良く、幻想的な風景を味わえた。

20170715_03

TVドラマ「北の国」で有名な富良野でファーム富田の農園を訪れた、富良野地方全体でもラベンダーの栽培地域が230ヘクタール以上に拡大したが、以降は急激に衰退した今でもかたくなにラベンダーにこだわり続けている、ファーム富田のオリジナルエッセンシャルオイル、「おかむらさき」が第1位を獲得した。

20170716_01

星野リゾート ザ・タワーにチェックインして、翌朝4時に目覚ましをセットし、今回のメーンイベントの雲海テラスだが、残念な事に霧しか見えなかった、確率30%で眼下に雲を望む雲海がこの様に見えるのを期待していたのだが残念だった。

20170716_02

午後から小雨になっり涼しくなり千歳に戻り淡水魚の千歳水族館・苫小牧のノーザンホースパーク牧場を見学して、千歳空港 17:30発 JAL520 羽田空港 19:05に帰途についた。