20170902-1

1949年開場の林間コース。千葉カントリークラブ3コースの中で最初にオープンしたコース。松林につつまれており、地形もほとんどフラット。各ホールをセパレートした松林は密集しており、ショットのぶれはそのままストロークのロスに通じる。

台風の影響で午前中は小雨が降っていたが午後は快晴。雨のために朝の練習をしなかったせいか午前中はドライバーが当たらず苦労したが、リカバリーのユーティリティがきちっと当たってくれて、雨のせいで重いグリーンでパットも好調だった。

午後からは、ドライバーで腰が回っていなくて手打ちだったのかと思い返し、ゆったりと大きくバックスイングを取ったらドライバーが当たり出した、しかし続くミドルアイアンが左に引っかける事が多く、雨が上がって傾斜が効いているラインを読み切れず3パットを連発してしまった。

最後の18番は3ショットでパーオンして、5mのバーディパットを外しての3パットはいただけないが、腰痛が完治していない状態でのプレイデ、大叩きをすることも無く全体としてはスコアは纏まった。

YourGolf