20180804_01

1964年開場の河川敷コース、フラットだがフェアウェイは狭く、隣のコースで打てそうでも1ペナが多い、池や川がからんでいるが、ここ最近猛暑で水が干上がっているのでソールしなければ打てる状態だった。

台風を挟んで、また酷暑でのプレイ、風はややある程度で、距離は短めなので、ドライバーさえしっかり当たればショートアイアンでセカンドを狙えた、夏場はコーライグリーンでスティンプメーター8ft程度との事だが、コーライは重く強めに打たないと届かない、たわしの様なグリーンでゴツゴツ跳ねる事もあり練習グリーンでコツを掴んだら、アウトの1番でドライバーとセカンドも当たり、いきなり手前から5mのフックラインが入りバーディスタートを切り、前回の失敗を繰り返さないように、左手を意識していたら調子が良く前半39で上がれた。

後半は例の左引っかけで1ペナ、クリークに入れて1ペナ、バンカーで2回叩くも、なんとか46で回って、パット29スコア85は河川敷とは言えベストスコアを更新した。しかし同伴組は77と言うスコアでドライバーは280yd以上は飛ばすし、パーオンも70%近くと別格、しかし好スコア者と一緒に回れたから良いスコアが出たのだろう。

YourGolf