naoya matsuoka

松岡直也&ウィシングは1980年代に良く聞いていた、フュージョン系ラテン音楽で、六本木のピットインでの生演奏に行ったりした、後にハートカクテルの音楽を担当したり、中森明菜 に「ミ・アモーレ」の楽曲を提供したりして段々離れて行ってしまった。

ひょんな事から、2014年に76歳で前立腺癌にて死去したと聞いて、検索したら亡くなる二年前の2012年に、大規模編成であるウィシングを再結成した映像があるのを見つけて、早速Amazonビデオで購入した。いやぁ懐かしい音だが、古さを感じさせないし、演奏も迫力がある。

松岡直也:pf
村上“ポンタ”秀一:ds
高橋ゲタ夫:b
和田アキラ:g
カルロス菅野:perc
大儀見 元:perc
土岐英史:sax
佐藤達哉:sax
片岡雄三:tb
奥村 晶:tp
鈴木正則:tp

『松岡直也&ウィシング・ライブ~音楽活動60周年記念~完全版』ライブDigest