2006年03月

キリンチャレンジカップ2006 エクアドル戦 (九州石油ドーム)

エクアドル.jpg試合結果 日本 1:0 エクアドル
得点 佐藤寿人 (後40分)

ドイツ大会出場が決まっている南米のエクアドル、ワールドカップ南米予選では、ブラジル、アルゼンチンに次いで三位につけパラグアイ迄が出場、ウルグアイ、コロンビア、チリを押さえた。ホームは2,800mの高地なので空気が薄いのでホームの有利さをいかんなく発揮し無敗記録を打ち立てただけでは無く、ブラジル、アルゼンチンさえ破っている。

今日はベストメンバーは来日していないし、50時間を掛けて17時間の時差、となると、仮想ブラジルなんてのは全くの無理な状況ですな。

動きが散漫で、パス回しも正確では無く、ミスも多く、強引なドリブルも無く、そんな二流エクアドルに対して、前半結果が出ないのは相変わらずか....

久しぶりに見た玉田は動きは良かったし、サントスもJリーグの好調を維持している、小野が国内組でも見られるのは嬉しいが、万全の体調では無いのかミスが目立つ、宮本のミドルパスは効果的で、福西、加地のパス回しは見応えがあったものの、久保の相次ぐミスで点が取れない。

後半は足も止まったエクアドルに対して、ぎりぎりで飛び出した佐藤が、サントスからのパスを上手くコースを変えてゴールしたのは見事だが、ディフェンダーの完全な凡ミス、目の前を横切る佐藤を押さえきれなかったのは、本番ではあり得ないだろうな。

と、言うことで試合には勝ったけれど、またまたストレスが貯まる試合だった、柳沢が怪我をして、本大会微妙なので、FWにはこの際、佐藤以上の新人が現れるのを期待したい。

関東は今週末には桜満開

mobile photo
今朝は風が冷たい上に強くて、駅前の自転車が横倒しになっていたが、例年桜前線が北上するこの季節は雨が多いのに今年は意外と少なく、今週末には桜が満開するのでしょう。

それにしても、もうすぐ4月だというのに、朝晩は肌寒い日が続いているので、気分は春でとはほど遠いものの、日中は暖かくなってきているのでしょう、職場近くの公園でも桜も咲いるのですっかり春かな。

とうとう明日には大台に乗ってしまう、 「人間五十年 下天のうちを比ぶれば 夢まぼろしのごとくなり」と織田信長が歌い、昭和25年の平均寿命は50歳だったそうで、一昔でも死んでもおかしくない歳です。

今や平均寿命80歳となると社会に出てほぼ折り返し地点ですか、でもそんなに長生き出来るのか、西丸震哉著の「41歳寿命説―死神が快楽社会を抱きしめ出した」なんてな本も売れたそうで、今や成人病を改名して「生活習慣病」が蔓延している中では、またもや平均寿命は短くなるのかもしれませんな。


痴漢現行犯逮捕目撃

tikan.jpg
駅構内の割と大きな本屋で立ち読みをしていたら突然女性の大声が聞こえきた。

「何しているの!!盗撮ね、店員さん来て!!痴漢です、逃げないで!!」と、興奮した様子で小柄な男性をはがいじめしていました、いやはや勇気のある正義感溢れる頼もしい女性でした。

被害者の女性と店員さんと四人で奥の事務所に消えましたかすぐにお巡りさん二名が駆けつけて事情聴取が始まった様子。
年は25~6でしょうかスーツに黒い手提げ鞄を持つ姿は決して痴漢には見えないけれど、右側のお巡りさんに右腕を掴まれ左側のお巡りさんには後ろからベルトを掴まれなんとも情けない姿で連行されました。

む~ん初めて痴漢者を目撃しましたかこの辺りは多いらしい、病ですな、スポーツでもすれば良いのだろうけれど苦手なインテリタイプでしょうか困ったもんです。

それにしても痴漢を目撃したら大声で咎める事は出来るだろうか?なかなか出来る事では無いですな。


府中競馬場で花見

mobile photo
幹事が競馬好きだからか毎年恒例の府中公園での同窓会花見が府中競馬場での開催となった。

昨日まで寒い日が続いていて、まだまだ桜はつぼみ状態、昨日の天気予報は雨との事だったがなんとかもちそう、野外花見対策でダウンジャケットを着て出かけたが電車の中では流石に暑かった。

と、思ったら桜は咲いていましたね~とは言え花見よりも競馬が気になる様で花見どころでは無かったようですな。

ところが万馬券を当てた様で大騒ぎ二次の飲みだいは奢ってもらいました(^。^)/v



イントゥ・ザ・ブルー (2005) INTO THE BLUE

イントゥ・ザ・ブルー
ジェシカ・アルバ主演「ファンタスティック・フォー」は期待して見た物のがっかりしたので、今回は期待もせず見たら、なかなか面白かったです。

監督は「ブルークラッシュ」で爽やかなサーファーガールを楽しませてくれたジョン・ストックウェル、そしてダイビング経験者であると言う「ワイルド・スピード」のポール・ウォーカーと「ダーク・エンジェル」のジェシカ・アルバとなれば面白い訳ですな。

カリブ海の綺麗な海の中を、二人の綺麗な身体と相まって、更に自由自在に素潜りもする技術も素晴らしいです、アクションあり、サスペンスあり、アドベンチャーあり、ラブロマンスありと詰めすぎの感はあるものの、宝探しと言うキーワードは楽しめました。

メイキングを見てみたら、鮫は全部実写との事、地元の人でも噛まれているのに冷たい水温の中で水着で潜っている役者は命がけですな、とにかく綺麗な海と鮫を含めた魚と、素潜りのシーンは最高です。

★★★★☆

監督: ジョン・ストックウェル John Stockwell
出演: ポール・ウォーカー Paul Walker ジャレッド
ジェシカ・アルバ Jessica Alba サム
スコット・カーン Scott Caan ブライス
アシュレイ・スコット Ashley Scott アマンダ
ジョシュ・ブローリン Josh Brolin ベーツ
ジェームズ・フレイン James Frain レイエス
タイソン・ベックフォード Tyson Beckford プリモ


・イントゥ・ザ・ブルー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

パーツの買い物

mobile photo
先日買ったCPUヒートシンクに付いているファンが静音と歌っている割に3,000回転で回るのでうるさかったから現在純正のを取り付けている、しかし折角買ってきたのだからファンを交換しようと思い秋葉原を徘徊してきた。

すっかり高層ビルが立ち並び、こじゃれた店もあるけれど、回る店は変わらないですな~、これは駅のホームから見た秋葉原UDXビル。

余っているファンコントローラーがあるので回転数を制御するとして9cmサイズで2,000回転のを買った6cmへの変換アダプターも買い静かな低回転で風量を稼ぐつもり。

hardmakermadevaluedateshop
IEEE1394a玄人志向EEE1394VS-LPPCI1,5802006/03/24TWOTOP
ファンScytheKAMAFLOW9cm SA0925FDB12M9802006/03/24TWOTOP
ファン変換アダプターainexKAMAFLOW9cm SA0925FDB12M6802006/03/24TWOTOP
USBフラッシュドライブSanDiskクルーザーミニ 128MB1,2902006/03/24Sofmap

au携帯 CDMA1X Win W41H HITACHI

W41H.jpg
W41H.2jpg.jpg
カミサンが携帯を買い換えた、4月から放送開始されるという地上デジタル放送ワンセグ対応機種からの選択で、今現在ではau2台W33SAW41Hで、docomoがP901iTV1台しかなく選択の余地が少なくこれに決定。

ハイビジョン(HDTV)は12セグメントを使用するけれど、ワンセグは1つ、画面もQVGA(320×240)と小さいから受信料は無料との事で携帯やPDA専用となるのかな、それでも電車の中でも見られるとなると、早朝のサッカーを見ることが出来る、だが小さな画面ではサッカーボールは見分けがつかないかも。

[サイズ(幅×高さ×奥行)] 約53×106×27mm(閉じた状態)
[質量] 約159g
[電池] 連続待受時間 約240時間
[連続通話時間] 約220分
[充電時間] 約140分 (ACアダプタ使用時)
[ディスプレイ サイズ] 約2.7インチ 240×400ドット
[表示色数] 約6万5千色(TV表示時約26万色)
[メモリ] データフォルダ 最大約70MB(BREW®フォルダと共有)
[外部メモリ] miniSDTMメモリカード(市販品)セキュア対応
[EZテレビ(ワンセグ)]受信CH 13ch~62ch
[番組録画] TSファイル 最大約30分
[カメラ]有効画素数 約207万画素
[入力機能] ATOK for au +AI推測変換「APOT」
[その他]PCサイトビューアー、PCドキュメントビューアー、Music Player、おサイフケータイ

・au携帯 CDMA1X Win W41H HITACHI
続きを読む

レアル ザ・ムービー (2005) REAL: THE MOVIE

REA THE MOVIE.jpg
REA THE MOVIE2.jpg
ワールドカップの今年に、なんともエゴいサッカー映画の登場、1902年創設のスペイン1部リーガエスパニョーラの伝統クラブ「レアル・マドリッド」のドキュメンタリー映画、銀河系集団、多国籍軍、各国のスター選手を要しているものの若手生え抜き選手との中間層が薄く、今後もスター選手をとり続けると将来は不安要素があるのか?

そんな一クラブの生の映像が映画になって4月1日に公開される、スター軍団を目当てにする子供達にもたまらない映像かもしれないが、こうして登録メンバーを見てみると凄いですね、大きなスクリーンで選手の息遣いと緊張感を感じられる様ですから楽しみです。

NoPJ名前生年月日身長体重
01GKイケル・カシージャス1981/05/20185cm70kgスペイン
13GKディエゴ・ロペス1981/11/03196cm87kgスペイン
02DFミチェル・サルガド1975/10/22176cm72kgスペイン
03DFロベルト・カルロス1973/04/10168cm67kgブラジル
04DFセルヒオ・ラモス1986/03/30183cm73kgスペイン
06DFイバン・エルゲラ1975/03/28185cm73kgスペイン
12DFパブロ・ガルシア1977/05/13186cm73kgウルグアイ
11DFシシーニョ1980/06/24171cm68kgブラジル
15DFラウール・ブラボ1981/04/14176cm72kgスペイン
18DFジョナサン・ウッドゲート1980/01/22187cm80kgイングランド
21DFカルロス・ディオゴ1983/07/18185cm79kgウルグアイ
22DFフランシスコ・パボン1980/01/09188cm77kgスペイン
24DFアルバロ・メヒア1981/02/01181cm71kgスペイン
05MFジネディーヌ・ジダン1972/06/23185cm80kgフランス
08MFジュリオ・バプチスタ1981/10/01183cm72kgブラジル
14MFグティ1976/10/31181cm72kgスペイン
16MFトーマス・グラベセン1976/03/11178cm74kgデンマーク
23MFデイビッド・ベッカム1975/05/02181cm67kgイングランド
28FWデ・ラ・レッド1985/06/05186cm80kgスペイン
07FWラウール・ゴンサレス1977/06/27180cm68kgスペイン
09FWロナウド1976/09/22180cm75kgスペイン
10FWロビーニョ1984/01/25172cm60kgブラジル
27FWソルダード?1985/05/27175cm72kgスペイン

・公式サイト

パーツの買い物

MB&CPU.jpg
発熱量が多いSocket 775よりSocket478の安いCPUに決めました、ベアボーンしようか最後まで迷いましたが、拡張性と安定を重視して初志貫徹で見事に赤いこのMBに決めました。

電源は、自分を温度管理してファンの回転数を制御すると言う静音型、高価な電源も多いけれど、安くて静かなATX型に比べると高いですな。

一番高かったのはメモリーで、とは言っても2年前に比べれば半額なのでメイン機に使っているPC3200の256MBの2枚を使うとして、メイン機用に512MBを2枚買いました。

ところが帰りの電車でMBのマニュアルを読むとWebでは未対応だったPC2100メモリーがちゃんと対応品として載っていました、チップセットのVIA P4M800が対応しているので大丈夫かなと思いつつも買ってしまい、勿体なかったなぁ、まぁメイン機のメモリー増加で良しとしますか。

因みに最初にPC2100の512MBを1枚刺して組み立ててOSのインストール迄出来ましたから何の問題も無いのでしょうが、実感は薄い物の速さが違うと思いPC3200に差し替えた

hardmakermadevaluedateshop
CPUINTELCeleronD 310 BOX (478pin 2.13GHz)5,9802006/03/19DOSPARA
マザーボードBIOSTARP4M80-M45,6802006/03/19DOSPARA
PSUowltechSS-300SFD MicroATX5,6802006/03/19DOSPARA
メモリー PC3200 512MBsamsungK4H510838C-UCCC4,600+200×22006/03/19ZOA
CPUクーラーVIOLAEE444B13-J1,2802006/03/19Faith

マザーボード ASUSTeK P5V800-MX

p5v800-mx.jpg
作りが丁寧で、BIOSのアップデートもこまめにしてくれる人気メーカーASUSのMicroATXでSouth BridgeにVIAの最新チップであるVT8251を採用した機種が特売で出ていた。

対応CPUは新しいSocket 775、このCPUは次世代64BitOS(WindowsServer2003 x64Editions)に対応しているとの事ですが、このOSは見えてこないし次期32bitOSLonghorn(開発コード名:ロングホーン)が出てくると、この石の将来はあるのかしら?

発熱量も多く、それを押さえる為に付属のヒートシンクでは物足りないらしく買うとなると新しいCPUだけに478ソケットの物より値段は高いそうだ。

[ソケット形状] Socket 775
[対応CPU] Intel (Pentium D / 4 / Celeron D)
[チップセット] VIA P4M800/VT8251
[FSB] 800/533MHz
[メモリ] 2 (DDR 400/333)
[メモリ最大] 2GB
[IDE] 2 (Ultra ATA 100/66/33)(1ポートに2台接続可)
[Serial ATA] 2
[USB2.0] 8 (オプション含む)
[AGP] 8x
[PCI] 2
[PCI-Express] 1
[LAN] 100/10Mbps
[INTEGRATED VIDEO] S3 UniChrome with up to 64MB shared memory
[INTEGRATED AUDIO] Realtek ALC655 6-Channel AC97 CODEC
[フォームファクタ] Micro ATX
[etc]Q-Fanで静音動作 CrashFree BIOS 2(BIOS復旧機能)

キューブ型ベアボーン AOpen XC Cube EZ661L

EZ661L.jpg
壊れてしまったサーバの代替えとして、MB&CPUと電源それに新しいMBにはPC2100のメモリーが使えないとなるとこれらを合計するとこのキューブ型ベアボーン\18,000にCPUを買ってメモリーを流用するのと金額的には変わらなくなってしまう、さらにMicroATXのMBには394ポートが付いているのは少ないので金額的にはこちらの方が安く上がりそう。

ただ、275Wの電源ではHDDを2台格納すると少々不足気味か、それに前のキューブ型で懲りたのは、電源が壊れてしまうとこの手の小さな電源は結構値段が高いので、将来結局高く付くのか....

それにしても実機を見ると専用に設計されたパーツやコード等実に良く纏まっていて排気に効果的な配置がされていて、デザインも良く迷う....

[チップセット] -SiS661FX -SiS964L
[CPU] - Intel Pentium4 / Celeron Socket478 - Prescott(FSB533/400) -Northwood(FSB800/533/400)対応
[メモリ] - PC3200 / PC2700 / PC2100 DDR-SDRAM
[グラフィクス] - 統合型VGAエンジン内蔵チップセット - 8X AGPスロット
[IDE] - 統合型ATA133 ※シリアルATAは利用不可
[LAN] - 10/100 BASE-TX PCI LAN チップ
[サウンド] - オンボードRealtek AC'97 CODEC 5.1チャネル対応
[USB] - USB2.0 ポート ×6 (内2ポートは使用されておりません)
[IEEE1394] -IEEE1394ポート×3
[スロット] -AGP×1 -PCI×1
[インターフェース[ - フロッピーコネクタ×1 - IDEコネクタ(ATA133)×2
[ドライブベイ] -5インチ×1 -3.5インチ×1 -3.5インチシャドウベイ×1
[パワーサプライ] - 275W (AOpen:FSP275-60CU(PF))
[CPUクーラー] サイドFAN 専用設計
[ノイズ] 29dB(当社調べの3Dアプリケーション使用時)
[サイズ] 200(幅)×320(奥行き)×185(高さ)mm

・AOpen XC Cube EZ661L

ファン取り替え→MB&CPUと電源死亡

CIMG0974.JPG
CIMG0974.JPG
サーバー用のMicroATX用のケースUACC-001BK/230SLTの背面に付いている6cmファンはケースとの間にファン取り付け用のプラスティック板があり、ファンの振動にそれが増強してケース全体が低いうなりが出るようになった。

このプラスティックを取り外して、ケースに取り付け用の穴を開けてボルト&ナットで新品のファンを取り付けた。ブレが無くなりすこぶる静かになった。

そして続いてマザーボードのC3-933MHzに小さなチップクーラーと4cmのファンを高速電脳 KD-taNB40 に取り替えて、これも静かなファンなので無音とはいかないもの全体的に静かになった。

更に買ってきた250GBのHDDをBUFFALO HD-160U2に入れ替えて、取りだしたHDDを第二ドライブとして、今まで第一ドライブの80GBを追い出して、160MBの第二ドライブを第一ドライブにしてOSのインストールから再構築しましたここまではすこぶる順調。

おおかたソフトのインストールと設定を終え、ケースの蓋を閉めようとした瞬間に、何か静電気が飛んだのか、ファンの穴をドリルで開けた切りくずを掃除機で除去したもののケースに隅に残っていたのか、バチッと音がして電源が落ち、その後電源が入らなくなってしまいました。

パーツを調べたところ、USB接続していたのを含め4台のHDD、メモリー、DVDドライブは無事だったものの、電源とMB&CPUは逝ってしまったようです(T_T)(T_T)

参った、参った、やはり当初の予定通りMBとCPUを新調しようかしら。

パーツの買い物

20060316.jpg
今日の買い物、サーバのメンテ様に以下のパーツを購入した。

hardmakermadevaluedateshop
ハードディスクSeagateBarracuda ST3250823A10,9932006/03/16TOWTOP
ヒートシンク高速電脳KD-taNB402,3802006/03/16高速電脳
ケースファンNEXTWAVERDL6020S714×22006/03/16高速電脳
ATAケーブルAINEXRF-181CP1,052006/03/16高速電脳
FAN用二股電源ケーブル 4012006/03/16TOWTOP

ST3250823A
250GB 7200rpm Seek time 11msavg Ultra ATA/100

KD-taNB40
NorthBridge用Cooler アルミ製
FAN:XINRUILIAN RDL4010S 4100rpm 20dB(A)以下(暗騒音室計測不能)
サイズ:40x40xH40mm(全高)
高速電脳+野平製作所共同開発品 ユニバーサルプッシュType
▼クリップ部可動&スライド式採用 ▼野平製作所謹製

RDL6020S
低速FAN 色:黒 60×60×20mm 2500rpm 最大風量:MAX10.28CFM MIN9.305CFM(0.29/min) SleeveBearing DC12V 0.08A リブ付フレーム リード線長:30cm(ツイストケーブル)

チップクーラー AINEX CB-4040SV 高速電脳 KD-taNB40

CB-4040SV01.jpg
CB-4040SV02.jpg
サーバのCPUファンがまた五月蠅くなってきたと思っていたが、どうやらケースファンが振動してケースの蓋に振動が伝わり増強していたと思われる、ケースファンはプラスティックカバーを挟んで二連で繋げているが、これを取り払って静穏ファンを直に取り付けるようにしてみようと思う。後はケース蓋が薄いので防音シートを貼ってみよう。

また、「VIA EPIA-M9000」に直付けのC3-933MHzに小さなチップクーラーと4cmのファンが付いて、このファンを以前静穏ファンに交換しても効果が無かったので諦めていたのですが、こんな商品を見つけました。

元々ビデオカード用だが寸法もぴったりだし、取り付け用の固定ピン取付タブの位置変更が可能なので取り替えも簡単に出来そう、Webの評判も良く、静かで効果もありそうだ。

一気に新しいMBとCPUへの移行を考えたが、メモリーまで買い換えなくてはいけなさそうだし、何と言っても今のところ遅いとは言え、3年間安定しているのでこのままにしようかな。

・ainex チップクーラー AINEX CB-4040SV
・高速電脳 KD-taNB40

マザーボード BIOSTAR P4M80-M4

BIOSTAR P4M80-M4.jpg
BIOSTAR社って有名メーカーから有志が独立して作った会社で玄人指向と言うのを聞いたことがある。何気なく検索して見つけたMBだが、結構評判が良くてなんと言っても安い。2005年10月頃の発売で今ならWeb特価で五千円を切っている。う~む、いきなり決定品かヾ^^;;

[ソケット形状] Socket478
[対応CPU] Intel Pentium 4 / Celeron
[チップセット] VIA P4M800/VT8237
[FSB] 800/533/400MHz
[メモリ] 2 (DDR 400/333)
[メモリ最大] 2GB
[IDE] 2 (Ultra ATA 100/66/33)(1ポートに2台接続可)
[Serial ATA] 2
[USB2.0] 8 (オプション含む)
[AGP] 8x
[PCI] 3
[LAN] 100/10Mbps
[INTEGRATED VIDEO] S3 UniChrome with up to 64MB shared memory
[INTEGRATED AUDIO] Realtek ALC655 6-Channel AC97 CODEC
[フォームファクタ] Micro ATX

・BIOSTAR P4M80-M4

我が家のCPU歴史

本当に役立つPC自作の基礎知識300
サーバのCPUファンがまた五月蠅くなってきた、ケースに振動しているので少し調整したら多少は納まったけれど、やはりそろそろ組み替える時期かもしれない。

とんとCPUの事など興味が失せていた、前回自作機を組み替えてから1年半CPUのバリエーションが多くて何がなんだか良く解らないのでこんな本を買ってきた。

これまで自作機には以下のCPUを使ってきたけれど、6年の進化はすざましい物がありますね、ぼちぼち調べて組み替えを行うこととします。

今回のターゲットは、サーバー用PC。小型MBでC3-933MHz直付けの、「VIA EPIA-M9000」をキューブケースに入れて使っていたけれど、小さな電源ファンが五月蠅かったので、ミドルケースに入れ変えて使っていた、しかしCPUファンが小さい割に振動音が段々大きくなっていたものの3年間毎日良く働いたものですなぁ。

2004/08/05 \19,430 Pentium4 2.8CGHz (FSB 800MHz) Northwood
2003/02/14 \19,480 C3-933MHz&EPIA-M9000
2002/04/19 \10,890 Celeron 1.3GHz 100MHz*13 FC-PGA2
2000/08/01 \11,370 Celeron 533MHz FC-PGA SL-46S 66MHz*8
2000/03/04 \0 Pentium3 256MHz

・本当に役立つPC自作の基礎知識300  ¥980日経BP社

クリーム再結成DVD

リユニオン・ライヴ -アット・ロイヤル・アルバート・ホール2005
CREAM.jpg
友人から聞くまで全く知らなかった、クリームが68年解散公演の舞台ロイヤル・アルバート・ホールで37年ぶりに再結成して、ロンドンとニューヨークでコンサートしたとは。。。。

クリームを初めて聞いたのは中学時代、バイト先の大学生から勧められて、初めてのアルバイト代で「Led Zeppelin�U」と「Wheels of Fire」のLPを買った。

zepはすんなり好きになれたけれど、CREAMのスタジオ版はともかくライブ版は全然良く解らず、Jazz好きな大学生だった彼に良さを聞いても、自分で感じないと駄目と言われ、何度も何度もLPを聞いて、その内Spoonfulの演奏バトルにぐいぐい引き込まれてのめり込む様になったっけ。

そんな過激な演奏は期待できない、今までの再結成グループでまともな演奏をしたのはあっただろうかと、そう思いDVDを見た。

まるで近所のコンビニでも行くかのような軽装でトボトボと歩いて出てきた、ステージの裏側には2ndアルバムジャケットを思わせるサイケ模様のセットのみ、Hartkeのアンプが並んでそれをマイクで集音している、ステージからホール全体が映ったが、ロイヤル・アルバート・ホールの雰囲気も昔のままか、期待は一気にヒートアップした。

I'm So Glad が唐突に始まった、Jブルースの声は張りを失っているが、声域はありまだまだ現役、ベースもブンブン鳴っている、後半にはフラットベースに持ち替えて歌も歌っている、やはり並では出来ない芸当ですな、Gベイカーの鋭い眼光もそのまま相変わらず2バスで低くセッテイングしたバスタムも昔のままだ、繊細で力強いドラミングは歳を感じさせない。Eクラプトンもコンサートではアドリブを演奏する様だが、アルバムでは見られないソロを存分に披露していた。

Spoonfulでのバトルは短かったし、Toadでのドラムソロは聞けなかったが、観客のスタンディングオベーションと共に至福の時間を過ごせました。

当時クラプトンのヴォーカルはのっぺりした印象で、このバンドはブルースの曲も多かった事もあり歌うことは少なかったけれど、Badge は名曲ですね、それが当時より小節が利いていて実に良い味が出ていました。

今度はBlindfaithを再結成してSTEVE WINWOODとヴォーカル合戦しないかしら??

・リユニオン・ライヴ -アット・ロイヤル・アルバート・ホール2005

掲示板改造版スクリプト

掲示板で去年末からここ三ヶ月の間に、英語の広告書き込みがなんと260通もありました、最初はそのMSGを削除して、しばらく掲示板を閉鎖していましたが、再開するとまた始まりました。

IPアドレス・URL拒否を掲示板に設定してもその都度機械的にアドレスを変更するようで全く効果が無かった。

そこで「掲示板 スパム 英語」でgoogleしてみると、やはり悩んでいる方がいるのと、改変板のcgiを公開している嬉しい方がおられました。

先週の土曜日にCGIを書き換えて、今日まで全く書き込みが無いのでもの凄い効果です、issoさんに感謝です。

・掲示板改造支援サイト
-迷惑な掲示板スパム・掲示板荒らし行為の完全排除を目指して-

デジタルカメラ Panasonic DMC-FX01 Lumix

Panasonic デジタルカメラ LUMIX DMC-FX01
FX01.jpg
3月9日に発売された、DMC-FX9の後継機種。 広角28mmと高感度ISO 1600を新機能として同じ筐体に詰め込んでいる。NETの評判ではFX8から省電力重視のビーナスエンジンプラスに変わったからFX7の画質がもっとも良いらしくこんな記事もある「旧モデルの方が高画質ということもある?」

【実写速報】松下電器 LUMIX DMC-FX01のISO800画像を見てみると、評判通りのノイズが出ている、やはり高感度と言うのは使えない機能なのか?まぁノイズはあるけれど暗い夜景が撮れるし、Lサイズ印刷程度では目立たないのかもしれない。

昨日秋葉原で実機を触ってきた感触では、液晶も綺麗だしデザインも決して悪くは無い、店員さんの薦めで店の中の景色を 「DMC-FX01」「DSC-T9」「FinePix F11」の三機種をオート設定で撮りその場でCANON 普及複合機PIXUS MP500でCANON光沢紙で印刷してくれた。

T9とF11は緑の看板が実物と同じ様な発色で印刷されていた、FX01はと言うと若干青が強くなっているものの、全体が非常に明るく模造の桜が綺麗に印刷されていた。

う~んT9とF11のどっちかと思っていたが、この機種も候補に上がってきたし、月末にはCANON の新機種もとうとう手ぶれ防止&高画質商品が発売されるとの事、しばらく悩みそうですな。

[画素数] 637万画素(総画素) 600万画素(有効画素)
[撮像素子] 1/2.5型 CCD
[光学ズーム] 3.6 倍 デジタルズーム 4 倍
[解像度] 2816 x 2112
[液晶モニター] (画素数) 2.5インチ (20.7万画素)
[ファインダー] 無し
[起動時間]  
[記録メディア] SDメモリーカード マルチメディアカード
[内蔵メモリ] 無し
[記録形式] JPEG
[開放絞り値] F2.8~5.6 撮影感度 ISO80~1600
[最短撮影距離] 5cm(マクロ) 50cm(標準)
[焦点距離] (35mm換算) 28mm~102mm
[シャッタースピード] 8秒~1/2000秒
[バッテリタイプ] 専用充電池 DMW-BCC12
[CIPA規格撮影枚数] 320枚
[動画] 記録画素数 848 x 480 フレームレート 30fps
[最長撮影時間] メモリ容量に依存 動画記録形式 QuickTime
[幅x高さx奥行] 94.1x51.1x24.2mm
[重量] 132 g
[インターフェイス] USB、AV出力、DC入力
[その他機能] 動画撮影 音声付静止画 連写撮影(3コマ/秒)

・Panasonic デジタルカメラ LUMIX DMC-FX01松下電器産業

デジタルカメラ FUJIFILM FinePix F11

FUJIFILM FinePix F11
F11-back-side.jpg
コンパクトデジカメの中でもCCDサイズが大きく、明るいレンズと、手ぶれ防止機能は持たない物の、高感度設定でのシャッタースピードを上げることによってブレ防止をし、その高感度でも独自の処理によりノイズを綺麗に除去してかつ画像が綺麗と評判の機種、バッテリーの持ちも良い。

欠点は、大きな筐体のデザインと、やや高めの独自のメモリーカードxD-PictureCardか、大きな筐体はホールド感が良いとも言えるけれど、ポケットには入りにくい、同系列のZ2は薄い筐体だけれど、1/2.5型CCDに画質は落ちるとなると、画質優先ではベストチョイスか?

[画素数] 663万画素(総画素) 630万画素(有効画素)
[撮像素子] 1/1.7型 CCD
[光学ズーム] 3 倍
[デジタルズーム] 6.2 倍
[解像度] 2848 x 2136
[液晶モニター](画素数) 2.5インチ (15.3万画素)
[ファインダー] 無し
[起動時間]  
[記録メディア] xD-PictureCard
[内蔵メモリ] 無し
[記録形式] JPEG
[開放絞り値] F2.8~5
[撮影感度] ISO80~1600
[最短撮影距離] 5cm(マクロ) 60cm(標準)
[焦点距離](35mm換算) 36mm~108mm
[シャッタースピード] 15秒~1/2000秒
[バッテリタイプ] 専用充電池 NP-120
[CIPA規格撮影枚数]500枚
[動画] 記録画素数 640 x 480 フレームレート 30fps
[最長撮影時間] 標準記録時間まで 動画記録形式 AVI(MotionJPEG)
[幅x高さx奥行] 92x58.2x27.3mm
[重量] 155 g
[インターフェイス] USB2.0、AV出力、DC入力
[その他機能] 動画撮影 連写撮影(3コマ/秒)


・FUJIFILM FinePix F11富士フイルム

音質アップ SONY MDR-EX51SP

MDR-EX51SP02.jpg
インナーイヤーヘッドホン SONY MDR-EX51SP 高音の抜けが悪く、低音もくもっている感じがしたと購入時に思ったけれど、使い続けているうちに違和感は無くなってしまった。

それでも、音質アップを試みる。まずはシリコンパッドを大きいの変えてみた、小さいままでもぐっと耳に押し込むと音が良くなるのと同程度の効果が得られます。

そして、耳垢よけの膜を取り除くことにより高音の抜けが良くなると思い、片方を取り除き聞き比べてみた....しかし劇的に良くなった印象が前回はあったけれど今回はそれほど感じないなぁヾ^^;;

関連記事
・インナーイヤーヘッドホン MDR-EX51SP

SHARP Zaurus SL-C3200 発売決定

SL-C3200.jpg
SL-C3100が生産中止がアナウンスされ「MOREソフト販売/提供終了のお知らせ 」 「ユーザーリンク集 終了のお知らせ 」 「サードパーティリンク集 終了のお知らせ 」 とまるでZaurus が撤退を臭わせる事が続いていましたが、今日新機種発表のアナウンスはほっと一息でしょう。

W-ZERO3が好調なんでしょうか、ちょっと中途半端な気がしますし、初代から確実に機能アップしてきたZaurusが無くなると寂しいものです、是非SHARP さんには続けて欲しいです。

とは言え、今回の新機種は4GBのHDDを6GBに載せ替え、キーボードの色を変え、ソフトが変わった程度らしい。これで安くなったSL-C3100を買おうかしら。

・パーソナルモバイルツールパーソナルモバイルツール“ザウルス”<SL-C3200>を発売

デジタルカメラ SONY DSC-T9 サイバーショット T9

SONY DSC-T9 サイバーショット T9 シルバー 600万画
T9.jpg
価格.comで人気上位にはちゃんとした理由はあるのでしょう、まずは何時でもポケットにしまい込め、飛び出さないレンズは、スイッチが入ってしまっても安心、何処に行くのにもお供が出来るステンレス製の筐体は、秀逸なデザインで持つ喜びを与えてくれる。

手ぶれ補正&高感度で綺麗な画像を楽しめ、拡大鏡モードの1cmマクロも面白そう。内蔵メモリーが58MBもあるのも珍しいし、23万画素2.5型液晶は明るさも解像度も良く広視野角は重宝しそう、他製品に比べて明るく綺麗。

薄い筐体でもちゃんと三脚のねじ穴はあるが、犠牲になっているのは電池の持ち、これはサードパーティで予備電池を買うことで補うとして、ホールド感は気にならない。

クレイドル別売、メモリースティックが余計に出費になり、室内の画像は高感度だとノイズが残るとの事だけれど、大いに気になる機種。

NETの評判でも屋外での画質は良いそうで、携帯性と屋外画質を重視するなら、ベストチョイスか。

[画素数] 618万画素(総画素) 600万画素(有効画素)
[撮像素子] 1/2.5型 CCD
[光学ズーム] 3 倍
[デジタルズーム] 6 倍
[解像度] 2816 x 2112
[液晶モニター]2.5インチ 23万画素
[ファインダー] 無し
[起動時間] 1.3秒
[記録メディア] メモリースティック DUO メモリースティック PRO DUO
[内蔵メモリ] 58MB
[記録形式] JPEG
[開放絞り値] F3.5~4.3
[撮影感度] ISO80~640
[最短撮影距離] 1cm(拡大鏡モード) 8cm(マクロ) 50cm(標準)
[焦点距離](35mm換算) 38mm~114mm
[シャッタースピード] 1/4秒~1/1000秒
[バッテリタイプ] 専用充電池 NP-FT1
[CIPA規格撮影枚数]240枚
[動画] 記録画素数 640 x 480 フレームレート 30fps
[最長撮影時間] メモリ容量に依存 動画記録形式 MPEG1
[幅x高さx奥行] 89.7x54.9x16.8mm
[重量] 134 g
[インターフェイス] マルチ端子
[その他機能] 動画撮影 連写撮影

・SONY DSC-T9 サイバーショット T9 600万画ソニー

頭文字[イニシャル]D THE MOVIE (2005)

頭文字[イニシャル]D THE MOVIE スタンダード・エディション
頭文字[イニシャル]D THE MOVIE (2005) INITIAL D

「インファナル・アフェア」のスタッフと若手キャストで、日本のアニメを実写した作品と言うことで、アニメを知らないから配役や、ストーリーに違いがあったとしても違和感なく、CGを使わない実写は迫力がありました。

米国ロブ・コーエン監督の「ワイルド・スピード」の、ド派手さではなく丁寧に作っていると感心しました。

ヒールアンドトゥもドリフト走行も経験が無いから解らないけれど、走り屋にはしびれる映画なんでしょうかね。

★★★☆

監督: アンドリュー・ラウ Andrew Lau
アラン・マック Alan Mak
出演: ジェイ・チョウ Jay Chou 藤原拓海
鈴木杏 Anne Suzuki 茂木なつき
エディソン・チャン Edison Chen 高橋涼介
ショーン・ユー Shawn Yue 中里毅
アンソニー・ウォン Anthony Wong 藤原文太
チャップマン・トウ Chapman To 立花樹

・頭文字[イニシャル]D THE MOVIE エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

デジタルカメラ リコー Caplio R3

Caplio R3 光学7.1倍ズーム 513万画素
Caplio R3.jpg
スペックはもの凄いテンコ盛り、SONYのT9と同じく手ぶれ防止システムと高感度で手ぶれ防止があり、光学7.1 倍、広角28mmレンズ、昔から定番の1cmマクロ、310枚のバッテリー。池袋のビックカメラでは売り上げ一位でした、それに3月に入ってから価格設定を下げた様で、次期機種発表もあって今では3万円前後で購入できます。

手ぶれ防止機能は、本体側にシステムを組み込むと、被写体のブレまでは補正できないので、電気的に増感して高感度にすることによりシャッタースピードを速くしてブレを防ぐ、暗いところでも写る。

但し増感するとその分ノイズも増え、画質が劣化するので、ノイズが目立たないような画像処理をしそれが成功しているのがFUJIFILMと言われている、RICOHのはそれほどノイズが消えていないそうだ。

それがA4プリントで目立つのか、Lサイズで目立つのか、またノイズ除去ソフトもあるので、修正が可能なのかは実際試してみないと実感できないでしょう。

広角、ズーム、マクロ、ブレ防止で、取りあえずちゃんと撮れる事は確実の様で、その後どうにかしてしまう時間とスキルがあれば、コストパフォーマンス最高かな。

NETでは7.1倍の光学ズームゆえ、飛び出すレンズが出たきり閉まらないと言う不具合があちこち聞こえている様子、もう対処済みだろうけれど、この黒モデルでは全品対応品だから安心との事。

[画素数] 525万画素(総画素) 513万画素(有効画素)
[撮像素子] 1/2.5型 CCD
[光学ズーム] 7.1 倍
[デジタルズーム] 3.6 倍
[解像度] 2592 x 1944
[液晶モニター] 2.5インチ 11.4万画素
[ファインダー] 無し
[起動時間]  
[記録メディア] SDメモリーカード マルチメディアカード
[内蔵メモリ] 26MB
[記録形式] JPEG/TIFF
[開放絞り値] F3.3~4.8
[撮影感度] ISO64~800
[最短撮影距離] 1cm(マクロ) 30cm(標準)
[焦点距離] 28mm~200mm (35mm換算)
[シャッタースピード] 8秒~1/2000秒
[バッテリタイプ] 専用充電池 DB-60
[CIPA規格撮影枚数]310枚
[動画] 記録画素数 320 x 240 フレームレート 30fps
[最長撮影時間] メモリ容量に依存 動画記録形式 AVI(MotionJPEG)
[幅x高さx奥行] 95x53x26mm
[重量] 135 g
[インターフェイス] USB、AV出力
[その他機能] 手ぶれ防止システム 動画撮影 連写撮影

・Caplio R3 光学7.1倍ズーム 513万画素リコー

国際親善試合 ボスニア・ヘルツェゴビナ戦 (ドイツ ドルトムント)

ボスニア.jpg
試合結果 日本 2:2 ボスニア・ヘルツェゴビナ
得点 高原直泰 (前45分)
ミシモビッチ(後11分)スパヒッチ (後22分)中田英寿 (後50分)

ボスニア・ヘルツェゴビナは旧ユーゴ連邦を構成した共和国の一つで、イタリアと海を隔てて対岸となる国、1992年から1995年まで全土で覇権を争って戦闘を繰り広げた結果、死者20万、難民・避難民200万と言われる戦後欧州で最悪の紛争となった。ボスニアのサッカーは、旧ユーゴ時代はユーゴ・リーグに5~6チームが参加する強豪で、旧ユーゴは「東欧のブラジル」と呼ばれてましたが、その中心は、セルビア・ボスニア・クロアチアの3つだったそうです。

ワールドカップ予選ではグループ7で「セルビア・モンテネグロ」「スペイン」に次いで三位プレーイオフすら参加出来ずに敗退した。

ハンブルガーSV(ドイツ)で高原のチームメイトのバルバレスが1トップ気味の布陣で、高くて足が早い、それに寄せの速いチームという印象。

前半間際に中村からのクロスを、バルバレスの前で高原がヘディングで押し込む得点を上げるものの、後半は終始押されっぱなしで二失点、ロスタイムに中村からのクロスを中田が下がりながらの難しい体制でのヘディングでなんとか同点。

仮想クロアチアとの事だったが、予選でスウェーデン、ブルガリア、ハンガリーを相手に負けなしの一位通過の強豪、後日ベストメンバーのアルゼンチンと親善試合を行い、3―2で逆転勝ちしたのを聞くと、う~む、クロアチアは強そうだ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
記事検索
livedoor 天気