自転車

電動自転車 ヤマハ PAS CITY-C PA20CC

PAS CITY-C PA20CC

もう何年も自転車に乗っていないと言うかみさん用に、ちょっとした買い物は車では大げさだし、近所は坂道が多いので乗りやすい20インチ型電動自転車を購入した。盆休み期間なので出荷予定日は08/21(金)で08/24(月) の到着予定との事。

タイヤサイズ 20 インチ
シフト数 3 段変速
重量 21 kg
バッテリー リチウムイオン
補助走行距離 43 km
容量 8.7 Ah
充電時間 2.5 時間

小型・軽量!新ドライブユニット
こぎ出し、坂道、平らな道でも快適走行!トリプルセンサーシステム
状況にあわせてアシストを選択!4つの走行モード
オートエコモード プラスは長距離走行の強い味方
忙しい朝も安心!充電器&大容量バッテリー
残りアシスト走行可能距離表示でバッテリー切れの不安を軽減!デジタルメーター付きメインスイッチ
ライトが自動点灯!オートライト機能
安心・充実の長期保証
一発二錠
ソーラーテールランプ
3年間盗難保険付

hardmakermadevaluedateshop
電動自転車ヤマハ PAS CITY-C PA20C93,100円2015/08/10自転車館
籐風丸形バスケット&専用ステイヤマハ Q1H-RIN-Y00-2996,850円2015/08/10自転車館

安比奈親水公園

2014-08-16.jpg
家の外構の石張りをする前に庭の奥にカバーを掛けて鎮座していた愛車SCOTT SUB40は思い起こせば一年半以上載っていない、すっかりタイヤの空気も抜けていたので入れなおして、ギヤ周りに油を指して久しぶりに乗った。

安比奈親水公園のコスモスが綺麗に咲いていた、たかだか一時間程度で披露満載、家に帰ってから数時間昼寝をしてしまった、カバーを掛けずに時々乗らないといけない。

自転車 6段変速 26インチ MOO 玉越工業

MOO.png
駅までの通勤自転車が限界に近づいてきたので新調した。短い距離で駅近くの屋外無料駐輪場での使用なので安い自転車を乗り続けてきたが、クロスバイクを買ってギア付き自転車の坂道での使用があまりにも快適なので、通勤用にもギア付きを選択した。オートLEDライトも便利。

●カラー : ホワイト
●フレーム : 極太L型フレーム
●ハンドル : ステンレスハンドル
●ブレーキ : バンドブレーキ
●リム : アルミリム
●タイヤ : 26×1.3/8
●ギア : 外装6段グリップシフト
●カゴ : ワイヤーカゴ
●ライト : LEDダイナモライト
●カギ : シリンダーリングロック
●ベル : ミニベル
●スタンド : 両立スタンド
●キャリア : パイプキャリア25クラス

hardmakermadevaluedate shop
シティーサイクル玉越工業MOO 266 ホワイト MTMIS15,7002013/08/15スーパーバリュー

腕時計型GPS機能内蔵のランニング機器・「Wristable GPS」

GPS.png
このデザインは良い!!、中国製の腕時計型ゴルフナビとは雲泥の差。ランニングサポート機能満載だが、パソコンと連携してデータ管理できるのはゴルフナビと同じで、廉価版でも自転車にも使える。

しかし、このデザインで近々エプソンがゴルフナビを出すことを期待する。

・WristableGPSとは? エプソンのテクノロジー

特殊合成レザー+超ソフトゲルの自転車サドルに交換

DDMD-200.png
何回か乗れば慣れて痛くなくなるとの情報もあったが、当てはまらずサドルの調整をしたけれど痛みは減少しなかった。

ママチャリとサドルの固さは変わらないが横幅が狭いので痛さが増す、幅を狭くしているのは漕ぎやすくスピードが出ると言うことだが、痛みを我慢してでは楽しめない、とりあえずあさひに陳列している中で、幅が広くソフトゲルで加工されているこのサドルをチョイスした。

DDMD-200-1.png
オリジナルサドルの二倍とも感じる横幅は安定感があるが、ソフトゲルはやや柔らかい印象を受けた、早速乗ってみると痛みも無く良い感じ、しばらくこれで乗ってみよう。

hardmakermadevaluedate shop
サドルサーファスDDMD-2002,8802012/06/02あさひ
ライトアダプターあさひTOMOSHIBI-R6122012/06/02あさひ
チューブ 700×28/45Cシュワルベ17SV-EL1,0402012/06/02あさひ

狭山リバーサイドゴルフコース

sayama_gc.jpg
入間川サイクリングロードを走ること三回目で終点の川越市入間大橋までやっと到達した、しかし片道約90分往復三時間はかなり辛かった、家にたどり着くとお尻は痛さは相変わらずだが、足はぱんぱんに張り、動悸と息切れが。。。。片道一時間程度が丁度良いか、これでは仕事の疲れに更に負荷が掛かってしまう。

サイクリングロードで走りながら景色を楽しんでいると危ないので、三回目にして始めた発見したのが「入間川サイクリングロード」だ、喫茶店とコースが両脇にあるのだが、コースを覗いてみると河川ショートコースとは思えない手入れの良さにびっくりした。

長いのは165ydもあるので立派なショートホール、朝の8時から10時が空いているとの事で、予約なしの順番制こんど隣人を誘って行ってみようか。

・狭山リバーサイドゴルフコース

My Traks 06.png
今日は約三時間の走行で実施移動時間が二時間四十分最高速度30km/h、先日目一杯ペダルを漕いで37km/hだったが、サイクルコンピューターの表示速度とそれほど違和感は無いのでAndroidアプリに「My Tracks」は良く出来たあぷりかと思う。

しかしロードバイクは軽く追い越されてしまう、終点で折り返すときにたまたま会った若者と話をしたが、ロードバイクは軽く40km/hは出るらしい、ブリジストンのフォーク部がカーボンの10万円クラスの自転車を持っていた、二台目で乗り換えた時にはあまりの違いでびっくりしたとの事、今度はビンディングペダルに交換しよいうかと嬉しそうにしゃべっていた。

今日は初めて尻餅を付いてしまった、カーブが掛かったところを曲がりきれると思ったが、スピードが出ていたために急ブレーキを掛けたら、車体が横滑りとなり、ハンドルを離さなかったので自転車は傷つくことは無かったが、バランスを崩してお尻が地球と接触した、車体が軽い分ブレーキの効きは良く、ままちゃりと違ってバランスが取りづらい、今後気をつけなくては。

安比奈親水公園

abina.jpg
入間川サイクリングロードで初雁橋を超えて更に川越市に進んでいくと様子は一変していた、今までは運動公園が多く人も多かったが、このあたりは大きな公園があるにも関わらず人は少ない、所々荒れた舗装もあるが、道路幅5m程で300mほど見通しの良いところがあり、ここで目一杯ペダルを踏んでみたが40km/hには到底到達しないことが解った。

My Traks 05.png
帰路の川越公園当たりで道を外れてしまい、サイクリングロードに戻るまで行き止まりに何回か遭遇し、車体を担いで階段を上り下りする事があった、車体が軽いので問題は無いのだが、結構足はふらついていた。

今日は少し遠くに行きすぎたために、帰路は色々なところで止めて写真を取りながら流していたので、平均速度はかなり遅い、帰ってきたときにはどっと疲労感が。。。

クイックレバーに交換

HUA0190 1.png
SCOT SUB40はクイックリリースであるが、取り外しは六角ナットが必要、でも市販のクイックレバーに交換可能でそれほど高くは無いとの事で先週注文しておいた。

HUA0190 2.jpg
取り替えは簡単だったが、サドル部分は締め付け金具が平らでは無いために、取り付けても効きが悪いので元に戻した。

これで輪行やパンク修理時には簡単にタイヤが外れるが、反面盗難には注意しなくてはならない。

hardmakermadevaluedate shop
クイックレバーTIOGAHUA01902,0702012/05/19あさひ
サドルバッグTOPEAKウェッジパック22,8802012/05/19あさひ

ブースターカフェ レント・ア・バイシクル・バイ・スコット

SKYTREE04.jpg
スカイツリー展望台入り口前の商店街に、ロードバイクを展示している店を見つけた。スコットブランドのレンタサイクルを行なうとともに、オリジナルの下町案内「東京スカイツリー周遊マップ」を店頭に設置しているとの事。

SKYTREE05.jpg
店内はまだ準備中なのだが、先日購入したSUB40が二十台ほど鎮座していた、2時間1,500円のレンタルで、米国SCOTTの自転車に乗れるなら、好きな人にはたまらないだろうな。

入間川サイクリングロード

My Tracks 03.png
入間川サイクリングロードは入間川の狭山市豊水橋から、川越市入間大橋までの約22.6Kmにあり、車幅約2m程度のアスファルト道路で、途中途中に車が通る道が交差していて、「停止」線が施されているが、それ以外はノンストップで走れる。

サイクリングロードと言っても、専用道路では無いので、自動車とバイクは禁止だが、ジョギングやウォーキングしているが多い、越す相手などに対する側方間隔を十分に取れば良いとのこと。

但し、犬の散歩をしている人や、子供野球やサッカーの保護者が多くなってくると危ないと言うので朝八時から行けるところまで行ってきた。

ウォーキングで行った先は初めてのところなので、景色も初めてで、川が大きく望めるところや、芝張りの運動場や、桜並木もあり春の満開時にはさぞ綺麗だったのだろう。

そして「ターゲットバードゴルフ」と言うバドミントンの羽根がついた形状のボールをゴルフのアイアンで飛ばすと言うのをしているお年寄りがいて、これはなかなか面白そうだった。

My Tracks 04.png
しかし今日は半分まで、サドルの調整をしたつもりだったがやはりお尻が痛い、とは言え折り返し地点で水分補給した以外はほぼ走りっぱなしで、家に着いたときにはどっと疲れた、さてさていつまで続くのか。。。

お尻が痛い!!

SL-VL-118.png
昨日自転車屋さん行き「お尻が痛い」と相談を持ちかけたら、丁寧にアドバイスを貰った。

ママチャリはハンドルの位置よりサドルの一は低いので、ゆったり座る自転車だが、この手の自転車はサドル位置の方が高く設定している、つまり腰の位置は高くしているので体重は足で支えて、お尻はサドルに預ける程度だとの事。

しかしそんなことでは疲れてしまうのだろうから、サドルを位置と角度を調整して、それでもきつければ、お尻にパッドが入った専用パンツを履くか、サドルを取り替えるかだが、数日で純正サドルを変えるのもしゃくなので、ジェル入りのカバーを買ってみるか。

ママチャリのサドルとスコットのサドルの柔らかさに違いは感じられないが面積が大きい分全体で支えているから痛くないのだろうか?
・お尻が痛い!!~その1~ ジェル入りサドルカバーを買ってみた

初乗り 18.71km

SUB40 01.jpg
車に載ることは確認していたが、自宅からバスと電車を乗り継いで自転車屋さんへ引き取りに行った。調整が済んでいて、注文していたスタンドも取り付けられていた、簡単な説明を聞いて駐車場を借りてパーツを取り付けた。

ハンドルに、「サイクルコンピューター」「ライト」「スマートフォンホルダー」を三つ並べることは出来なかった、昼間で液晶も見にくいことから前二個と鍵だけを取り付けた。

ギヤの「前輪大と後輪小」と「前輪小と後輪大」との組み合わせは、チェーンがクロスとなるために避けた方が良いとの説明を受けたので、前輪側のギヤは中を固定とした。
急な坂道も無かったので、ギヤチェンジで下り道も快適だけれど、タイヤの空気圧が高いのか小さな段差もびんびんハンドルから感じる、歩道の小さいと思われた段差も腰を浮かしながら走った方がよいとの事。

そして、10分も走らないうちに、お尻が痛くなってきたし、ギヤチェンジをしていても結構身体に負担が掛かっている、これでは明後日には筋肉痛か?

My Tracks 01.png
Androidアプリに「My Tracks」と言うソフトがあり、GPS起動を記録してくれる。ナビを起動して胸のポケットに入れて音声を最大にして音声ナビを聞いていた。

My Tracks 02.png
合計距離18.71kmで合計時間と可動時間との差が休憩となるが、今回は「サイクルコンピューター」が、最初表示されていなくて、調整に手間取ってしまった。

最大速度や平均速度も出るのでこれは色々と楽しめそうだ、そして記録だけでは無く「再生」が出来るのには驚いた、端末に「Google Earth」をインストールすると、上空から見ているように再生してくれる様は素晴らしい、そして「Google Drive」へ記録がエクスポートされるのも面白い。

サイクルコンピューター キャットアイ CC-VT210W 他パーツ

Parts01.png
本体には殆ど付属品が無いのでとりあえず必要と思われる、サイクルコンピューター他パーツを選んだ。

走行速度: 0.0(4.0)~105.9 km/h
走行時間 [ Tm ] : 0:00'00"~9:59'59"
走行距離 [ Dst] : 0.00~999.99 km
平均速度 [ Av ] : 0.0~105.9 km/h
最高速度 [ Mx ] : 0.0(4.0)~105.9 km/h
消費カロリー [ Cal ] : 0 ~99999 kcal
CO2 削減量 [ CO2 ] : 0.00~999,99 kg
積算距離 [ Odo ] : 0~99999 km
時計 : 0:00'~23:59' [1:00'~12:59'] (12時間・24時間表示選択可)
ペースアロー : 走行速度が平均より速いか遅いかを表します
ワイヤレス:
スピード
節電機能: 約10分間信号が入らないと時刻表示だけの節電モードになります
節電モードからさらに2週間放置すると画面にSLEEPを表示します。SLEEP表示ではMODEボタンを押すことで計測画面にもどります。
オートモード: ○(オート専用機)
タイヤ周長セット範囲: 26" , 700c , 27" , 16" , 18" , 20" , 22" , 24 または
タイヤ周長 100 cm~299 cm (初期値:26インチ)
電源: コンピュータ(受信部): CR2032 x1 センサー(送信部): CR2032 x1
電池寿命:
コンピュータ:約1年(1日1時間使用時)センサー:積算距離で約10,000 km
サイズ: 55.5 X 35.0 X 18.5 mm
重量: 28g

■サイクルコンピューターは、この価格で無線で速度や距離を計測する優れもの、出来ればスマートフォンにデータを移動できれば最高なんだが。
■ライトは地球に優しいソーラタイプを選択
■鍵は丸くなる加工が施こされているので、サドルの下に収納可能
■ハンディポンプとペットゲージは必須
■自転車を家の中にはしまえないので、雨ざらしにしないように丈夫な商品を選択
■スマートフォン用フォルダーは買ったが、昼間の炎天下で地図は見えるのか?

hardmakermadevaluedate shop
サイクルコンピューターCATEYECC-VT210W2,940 2012/05/07spoortsway
ソーラーライトFF-RFFR-31101,950 2012/05/07spoortsway
crops CP-MA06 マンティス D4 1,963 2012/05/07spoortsway
ハンディーポンプAVEDIOフロアミニ2,359 2012/05/07spoortsway
ペットケージMINOURAAB-5001,050 2012/05/07spoortsway
サイクルカバー栄光産業ゆったりサイクルカバー2,625 2012/05/07spoortsway
スマートフォンホルダーMINOURAiH-100-S1,880 2012/05/06Amazon

クロスバイク SCOTT SUB40 購入

SUB40S.png
二万円で見つけたクロスバイクから調べていく内にどんどん高いのに目が行ってしまうようになってきたが、下記の理由でこの機種に決めた。

■通販は自分で調整も出来ない現在では、安くてもリスクは大きいので却下

■あさひ自転車のサイクルメイトは、が2年間で2,700円で以下の内容とお買い得と判断(防犯登録と障害補償加入は必須)したので購入店はあさひに決めた。

1.防犯登録500円
2.障害補償 一年間1,000円
3.盗難補償一年目で販売価格の20%二年目で40%負担で新車購入
4.パーツ、修理が2年間10%オフ
5.2年間の無料点検

■あさひ自転車のオリジナルはwebでも評判の機種はあるが、やはり有名メ-カーを選択。

■特売のGIANT ESCAPE R3.1は安いが色がピンクなので却下

■最終的にGIANT ESCAPE R3.0と特売のSCOTT SUB40とで比べた。

前者は定番モデルで売れ筋、2011年型定価59,500円が2012年型定価42,500円とお買い得、タイヤが細い分スピードは出る、前輪はクイックリバースレバーが装備されているので、タイヤ修理が簡単(反面盗難の恐れ多し)

後者は2011年型定価59,000円が37,800円とお得、白いハンドル、白いワヤーカバーがお洒落、太いタイヤはスピードが出にくいかもしれないが、歩道の段差も気にせずパンクの心配も少ない、前輪もサドルもレバーが無いので盗難の心配は少ない。

優劣付けがたっが、有名なGIANTに比べてSCOTTは特売でも売れ残ると言うことで愛好者が少ないと判断、タイヤを32から25に変更したとの書き込みを見たので、今後の楽しみが増えると言うことで、20km離れた店に残っていたスカイブルーのSCOTT SUB40を選択。

スタンドだけは、SCOTT専用でないと合わないとの事で注文した、在庫が無いので取り寄せ、閉店間近で調整が必要との事で、後日取りに行くこととした。

hardmakermadevaluedate shop
クロスバイクSCOTTSUB4037,800円2012/05/06あさひ
スタンドSCOTTKickStand2,250円2012/05/06あさひ
保証&保険あさひサイクルメイト2,700円2012/05/06あさひ

クロスバイク GIANT ESCAPE R3.1

ESCAPE R3.1.png
台湾GIANT社のESCAPE R3 定価44,200円は初心者に定番で人気のエントリーモデル。その改良版のESCAPE R3.1 定価52,500円だが2011年モデルが在庫処分39,800円で売っているのを見つけた。

昔は予約して三ヶ月待ちという事もあったらしく、このモデルに乗っている人はかなり多いようだが、タイヤの幅が28Cと細いので、路面の凹凸をシビアに拾ってしまうと言う、パンクも多いのでは無いかとちと不安だが、愛好者が多いと言うことはそれほどでも無いのだろうか?

フレーム ALUXX-Grade Aluminum OLD130mm
フロントフォーク Cr-mo ユニクラウン
BBセット TH 7420ST 110.5-68mm
ギアクランク FSA 28/38/48T/CG 165mm(XXS,XS),170mm(S,M)
チェーン KMC Z7
F.ディレーラー SHIMANO M191 31.8 デュアルプル
R.ディレーラー SRAM X3
シフター SRAM X4 TRIGGER 8S
ブレーキセット TEKTRO RX1 ショートアームVブレーキ 
ブレーキレバー TEKTRO
ギア SHIMANO HG40 8S 11-32T
ヘッドセット FSA セミカートリッジ
ハンドルバー Aluminum 25.4 540mm
ハンドルステム Aluminum 25.4 60mm(XXS)90mm(XS,S),110mm(M)
サドル GIANT COMFORT SL
シートピラー サスペンションポスト 27.2x300mm
シートクランプ Aluminum 31.8 QR
ペダル Aluminum CAGE
ホイールセット GIANT SPINFORCE 4x6 Wheelset
タイヤ MAXXIS DETONATOR 700x28C
チューブバルブ 仏式バルブ(英式アダプター付)
付属品 ベル

調べていく内にどんどん高いのに興味が移っていくが、最初のダンロップ二万円が、カインホームで無料盗難補償があり、一年間で販売価格の40%負担で新車購入が出来ると聞いて、最初はこれでも良いかと思案中。

・GIANT ESCAPE R3.1

クロスバイク SCOTT SUB40

SUB40.png
米国SCOTT社のSUB40は、初心者モデルとしては本格パーツを多用して定価59,000円と手は届かないが、2011年モデルが37,800円と特価で出ている。

タイヤ幅が37Cと太いので安定感はあるがスピードは出にくいとの事、ハンドルの白塗装やワイヤー保護パイプの白いのもお洒落。

カラー ブラック/ホワイト/ライトグレイ/ ライムグリーン/マンゴー/シルバー スカイ/ピーチ 全8色
サイズ XS,S, M, L,
フレーム SUB Alloy w/ EVO D/O, 700c
フォーク Scott SUB straight alloy fork 700C, V-brake only
ヘッドセット Ritchey OE Logic Zero, semi integ.
リアディレ Shimano RD-M 360 Acera, 24 Speed
フロントディレ Shimano FD-M191 34.9mm clamp
シフター(変速機) Shimano ST-EF 50 L / 8R EZ-fire plus
ブレーキレバー Shimano ST-EF 50
ブレーキ Scott Comp V-brake
クランク Shimano FC-M191, 48 x 38 x 28 T
BB Shimano BB-UN 26 / 68-122mm
ハンドルバー Scott OS 580mm, 9 bend
ステム Scott Alloy, 31.6mm, 4 bolt
ペダル Wellgo 127 A
ハブ Scott CO-31 Shimano FH-RM 30
チェーン Shimano CN-HG40
カセット Shimano CS-HG30 11-30T
リム/スポーク Alex SUB 700C, 32H,cnc stainless black, 14G/2mm
タイヤ Continental Sport Contact 622-37C
重量 11.9キロ

特価で安いのは解るが二万円~四万円となると予算に開きがある。まずは実物を見に行ってこようか。

・あさひ実店舗旧モデル特価コーナー
・20万円以下価格・タイヤ幅別クロスバイク一覧表
・SCOTT SUB40

クロスバイク クロッシム(CROSS-SIM)LDB

CROSS-SIM.png
2chでスレッドが立っている機種で機能てんこもりらしい、通販なのに完成品で送られてくるので、安心して注文できそう、今現在GW中は割引あり。

タイヤサイズ 700C(700×32C) 
英式バルブ
フレーム素材 アルミフレーム製
フレームサイズ 380mm 460mm
カラー グリーン(380mm) ピンク(380mm) ホワイト(380mm) アクアブルー(460mm) エメラルドブルーグリーン(460mm) ブラック(460mm) ホワイト(460mm)
変速 21段変速付き(3×7段変速付) ※シマノ製(SHIMANO製)変速機搭載
適応身長(目安) 380mm:145~170cm 460mm:165~185cm サドル高 380mm:755~910mm 460mm:825~985mm
重量 約13.0kg
備考 ・サイドスタンド標準装備 ・可変式ステム ・前後クリックリリース [ブランド][サカイサイクル][激安][価格][特価][通勤用自転車][ダイエット][スポーツバイク][通販]

・CRB700AL-LDB-380
・4万以下のクロスバイクテンプレ用

クロスバイク あさひ シェボートレッキングアルミ

36606800010.png
自転車屋「あさひ」で勧められたのがこの機種、サスペンションが組み込まれて以下のスペックで売れ筋のモデルらしい。

変速 21段変速グリップシフト(フロント3×リア7)
カラー ホワイト、ブルー、グリーン、ブラック
重量 約15.0kg(430mm)
フレーム アルミ
フォーク サスペンション
ハンドル アルミ580mm
ステム 90mm 15度(サイズ380、430mm)
150mm 15度(サイズ480mm)
シートポスト 27.2x300mm
ブレーキ テクトロVブレーキ
シフター シマノSLRS41-7R/L
BB 68x110.5mm
クランクセット 42/34/24T 170mm
チェーン UG51
ペダル スチール
スプロケット MF-TZ07 14-28T
リヤエンド幅 135mm
フロント変速機 シマノ FD-TZ20
リヤ変速機 シマノ RD-TX31

・[あさひ]- シェボートレッキングアルミ

クロスバイク DUNLOP ウェブソラノ DNP-RD700WS

DNP-AL700-BL.png
近所のホームセンターで見つけたこの自転車は「DUNLOP」と言うブランドで以下のスペックなのに二万円と手頃だった。

カラー:ブラック
素材:アルミフレーム
重量:13kg
変速:21段 ラビットファイヤー
ブレーキ:Vブレーキ
ハンドル:エンドバー付
タイヤ:セミスリック 700×28C

調べてみると、Amazonより安いのだが、楽天の出品も少ない、DUNLOPでは自転車を作っているわけでは無く、どこかのメーカーに作らせてシールを貼り付けているとの事、しかしこの名前が付いてこの価格は安い。

5/2 ジョイフル本田で見つけた「ウェブソラノ」DN/700C RD アルミ ブラックと札に書かれていたのを推察してAmazonでヒットしたのが「DNP-RD700-21S-HS-BK」だったが、同じ自転車では無いのかもしれない。ドイトやカインホームにも流通して様で、ホームセンターに卸している廉価版かも。オオシマ製との事。

自転車選び

全国に自転車専門店がある「あさひ」が近所にあったので行って話を聞いてきた。

■スピードが出る機種は車体が軽いことが第一条件
■細いタイヤはスピードは出るが乗り心地は悪い、太いタイヤとは対照的
■泥よけは雨の日には必要だが、そもそも錆が発生するので雨の日には乗らない
■ロードバイクはスピードを重視するので、サスペンションも無く歩道の段差も嫌う
■マウンテンバイクは重量も重く頑丈だが、それを求めるにはかなり高額
■クロスバイクは細いタイヤにサスペンションを要するのもあり両者の中間

ママチャリで変速機を実装している機種は二万円程度するので、その価格プラスαで出ている各自転車は、格好だけのルック車で、本格的に自転車に乗ろうとすると不満だらけだが、通勤時やちょっとした遠乗りなら、ママチャリIとは乗り心地スピードも違うのでそれなりに楽しめるとの事。

盗難にあっても許せる範囲と言うことで、三万円以内でクロスバイク似を探す事としよう、遠乗りや速い自転車を求めるようになったり、カスタマイズに興味を持ちだしたら本格品を目指すのも良し。

通販で安いのもあるが、組み立てるのは問題無いにしても、調整がちゃんと出来るかが疑問、町の自転車屋さんで完成品を買うのが面倒無くて良いのかも。

マウンテンバイク マイパラス M-960

M-960.png

先日の花見の同窓会で21段ギアのマウンテンバイクを持ってきている人がいて、少し乗らせてもらったが、急に物欲が沸いてきた、ゴルフの練習場へ行くのにも使える、駅までの通勤に使うので、盗難の心配もあるので高級品は不要。

この機種は結構仕様が良いのに、お手頃価格なこのマウンテンルック車は、楽天でも価格.comでも評判が良いので気になる。

メーカー My Pallas
モデル名 MTB26・21SP Wサス/アルミフレーム M-960
(M-950の後継機種)
カラー マットブラック / ホワイト / シルバー
本体サイズ(mm) H950×W560×L1720
サドル高さ(mm) 820~970
本体重量 16.0kg
適正身長 160~185cm
適正体重 ~75kg
保険 PL保険加入済み
耐震試験 JIS耐振動試験合格品/フレーム
フレーム材質 アルミ
フロントフォーク サスペンション
リム材質 アルミ
変速シフター SHIMANOイージーファイアシフト
変速ギア シマノ製21段
前輪ブレーキ アルミ製Vブレーキ
後輪ブレーキ アルミ製Vブレーキ
ハンドル・バー セミフラットタイプ・ブラック仕上げ・固定式(高さ調整不可)
リアサスペンション ショック圧強弱調整可
備考 バーエンド・ディレーラーガード付属・前後マッドガード(ドロヨケ)標準装備※エアバルブ(空気入れ口は米式)

・マウンテンバイク マイパラス M-960

自転車のカテゴリー

自転車には一般的に「マウンテンバイク」「ロードバイク」「クロスバイク」「シティサイクル」「BMX」とかに区別されるらしい。

■マウンテンバイク(MTB)
野山等を走るための頑丈な造りの自転車で、1970年代に米国で登場し世界的に広まった、太いタイヤ。一本棒のハンドル、手元操作の切り替えレバー等が特徴、しかし外観を似せてはいても野山を走る強度不足の廉価版もあり「一般道専用」と書かれたシールが貼ってある、マウンテンルック車と言うのもある。

■ロードバイク
長距離自転車競技用の自転車で、幅の細い高圧タイヤを履き、走行抵抗の減少を図り、ドロップハンドルという特徴的な形状のハンドルを持つ、部材・素材の進歩が著しく最も軽量化が進んでいる。

■クロスバイク
荒れ地を走るマウンテンバイクのフレームとハンドルと、舗装道路を走るロードバイクの細いタイヤををクロスさせた自転車。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
記事検索
livedoor 天気
カテゴリー