DELL SC440 etc

DELL PowerEdge SC440 アップデート検討

2008.03に購入したDELL PowerEdge SC440はwebサーバ・DLNAサーバ(PS3 Media Server)・PT2録画サーバ・TMPGEnc4.0 XPressエンコード機としてフル稼働している、webサーバとして公開しても訪れる方も少ないので、負荷が掛かりすぎてハングアップすることも無く、また計画停電で電源が切れても、電気復旧時には自動的に立ち上がっているから驚いたが、廉価な無停電電源装置(UPS)を購入しようかとも検討している。

ところが、何時頃から何を替えたからか覚えが無いのだが、突然ブルーバックになり落ちてしまう事があり、原因を探ってみるとP2Tで三番組目を録画し始めた途端に落ちる事が解った、滅多に三番組が重なる事も少ないのだが、WOWOWで映画を録画するときは隙間を選ばなくてはならない事や、ドラマの初回や最終回に拡大放送した場合には調整が面倒だった。

そこで三年ぶりにSC440の強化を検討してみた、まずは見つけたのが開いているPCI Expressx1スロットにこれ「PCI Expressx1 → PCI 32bitに変換するライザーカード DIR-EB262-C7」5,840円(テクノハウス東映)を刺せばPCI 32bitに変換して使え、PT2で動作確認済みとの事。

次はCPUの強化、現在「Pentium Dual-Core Allendale-1M (アレンデール-1M) E2180 (2GHz, 1MB L2 Cache, 800MHz FSB)」が実装されている、キャッシュの少ないCore 2 Duoの廉価版、SC440ではKentsfield (ケンツフィールド)とConroe (コンロー)が使えるとの事で、中古価格を調べてみた。

ナンバ動作周波数FSB2次キャッシュTDP中古価格
Q67002.66GHz (266x10)1066MHz4MB×295W21,100円
Q66002.40GHz (266x9)1066MHz4MB×2105W15,600円
E67002.66GHz (266x10)1066MHz4MB65W6,280円
E66002.40GHz (266x9)1066MHz4MB65W6,900円
E64202.13GHz (266x8)1066MHz4MB65W-
E66002.13GHz(266x8)1066MHz2MB65W7,700円
E47002.60GHz (200x13)800MHz2MB65W-
E46002.40GHz (200x12)800MHz2MB65W7,000円
E45002.20GHz (200x11)800MHz2MB65W5,500円

しかし、ライザーカードは刺せても、PT2を固定できるスペースが見当たらず、上手く格納出来ないのでは無いかと言うのと、CPUは「Core 2 Quad」(Q6600かQ6700)を選択しないと体感速度を感じない気がするので、費用対効果が薄く感じてきた。

最新のCPU Intel Corei7 i5 i3が選択できるH61チップセット搭載のLGA1155マザーボードでPCIスロットが4本も付いている正にPT2用の「GIGABYTE GA-PA65-UD3-B3」10,980円(ソフマップ)もあり、意外と安いので新規に組み立ててみようかと思ったが、そう言えば自宅に一台組み立てるだけのパーツが余っているのに気がついたので、今回は検討だけで終了。

DELL PowerEdge SC440 ブルーバック

DELL PowerEdge SC440をリブートしたら突然以下のようなブルーバックが出た、再度リブートしたら正常起動したのだが、どうやらビデオカードの接触不良の様だ、いきなり出るとびっくりするが、色々なサイトで解説してくれている。


A problem has been detected and windows has been shut down to prevent damage to your computer.

NO_MORE_IRP_STACK_LOCATIONS

if this is the first time you've seen this stop error screen,
restart your computer. if this screen appeart again,follow these steps:

check to make sure any new hardware or software is properly installed.
if this is a new installation, ask your hardware or software manufacturer for any windows updates you might need.

if ptoblems continee, disable or remove any newly installed hardware or software. disable BIOS memory options auch as caching or shadowing.
if you need to use safe mode to remove or disable conmonents,restart your computer, press F8 to select Advanced startup options, and then select Safe Mode.

Technical information:

*** STOP: 0x00000035 (0x8A518b10,0x00000000,0x00000000,0x00000000,)



■DELL ノートパソコン Inspiron 1501 ブルーバック

DELL SC440 サーバ起動せず.....

2008.03に購入してから約二年弱休むことなくファイルサーバー・webサーバーとして稼働していたSC440だが、今朝突然あるHDDドライブを認識しなくなったのでリブートすると、BIOS画面は出るもののWindowsXPが起動しなくなってしまった、セーフモードでも起動しない。

その前にBIOSにハードウェアの変更を促するメッセージが表示された、しかし何も変更を行っていなかったので、ハード的に何かが認識されていなかった様だ。

ブートドライブは異常は無いはず、そうなると原因は皆目見当がつかない、とりあえず半日休ませることとして、帰宅後再起動すると何事も無かったように正常起動した。

ハードディスク診断では異常は無かったが、そろそろブートドライブ位は買い換えないといけないのかもしれない。

DELL PowerEdge SC440 クロックアップ

SC440 UP
SC440 HDDBENCH
DELL PowerEdge SC440 のマザーボーにあるジャンパ用の空きランド「BSEL1-L」を繋ぐと簡単に1.3倍のクロックアアップができるとの事、早速空きランドに半田を少し盛り、USB端子の単品オスメスコネクタを各々に半田付けして、コネクタを繋ぐことが出来た。

■Windowsのコントロールパネル>システムで表示されるコンピュータの項目は、Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU E4500 @ 2.2GHz→@2.9GHz

■CPUIDでもClock : 2926.08MHzと表示

■CPU-Z 1.44.1の表示は以下の通りで何故かバスクロックは上がっているのに全体の表示は変わらず。

Core Speed 1197.0MHz →1596.0MHz
Multiplier x Bus speed 6.0x199.5MHz →6.0x266.0MHz
Rated Bus speed 798.0MHz →1064.0MHz
Stock frequency 2200MHz=2200MHz

■HDBENCHでの比較はCPU関連は1.3倍にその他は1.15倍程度に上がっている、動画変換君でのエンコードも1'36"30と1.3倍、今までのメイン機の約三倍の効果が出たことになった。夏場で調子が悪くなるようなら、ピンを抜くだけで元に戻せるので、この改造も比較的安心。

DELL PowerEdge SC440 メモリー考察

DELL PowerEdge SC440 には、Nanya製のDDR2 PC2 5300 512MB ECC対応が一つ実装されていた。それとは別にTranscend製のDDR2 PC2 5300 1GB ECC対応を2枚追加購入したが、これはデュアルモードで動作していることを「CPU-Z」で確認した、Nanya製の512MBをヤフオクで落札したが残念ながらこの二枚ではデュアルモードで認識してくれなかった、シリアルナンバーがかけ離れていたので、同チップでも駄目と言うことらしい。

そこでデュアルモードの効果はどれくらいで、デュアルモードで無いメモリーとの差、また容量の差はあるのか実験してみた。

メモリーの読み書き速度は「HDBENVer3.46 b6」で計測、それとは別に3分間の720×480容量102MBのMPGデータをiPod touch用に480x320 600kbpsに動画変換君でエンコードして時間を計測した、結果は以下の通りでデュアルモードの効果があまり無いように思える、折角買ったメモリーなので3GBで使用することとする。

しかし今までのメイン機の2倍以上のスピードが出ていることになるが、SC440はかなりコストパフォーマンスが良い。

NameTimemakerMemorycapacityDualM_RM_WM_RW
SC4402'06"38Transcend Nanya DDR2 667MHz1GB+ 512MB×2×167,065100,300198,552
SC4402'06"67TranscendDDR2 667MHz1GB×2170,751109,516220,159
SC4402'06"98NanyaDDR2 667MHz512MB×2×167,627102,296204,799
自作4'30"83SamsungDDR 400MHz512MB×4217,44667,126141,064

「CPU-Z」でちゃんとIntel(R) Core(TM)2 Duo CPU E4500 2.20GHzと認識されている、認識されないハズレの人もいるようだが、今度はクロックアップに挑戦。しかし良くできた遊べるPCだ。

CPU-Z 1.44.1 report file

Processor(s) 
Number of processors1
Number of cores2 per processor
Number of threads2 per processor
NameIntel Core 2 Duo E4500
Code NameConroe
SpecificationIntel(R) Core(TM)2 Duo CPU E4500 @ 2.20GHz
PackageSocket 775 LGA
Family/Model/Stepping6.F.D
Extended Family/Model6.F
Core SteppingM0
Technology65 nm
Core Speed1197.0 MHz
Multiplier x Bus speed6.0 x 199.5 MHz
Rated Bus speed798.0 MHz
Stock frequency2200 MHz
Instruction setsMMX, SSE, SSE2, SSE3, SSSE3, EM64T
L1 Data cache (per processor)2 x 32 KBytes, 8-way set associative, 64-byte line size
L1 Instruction cache (per processor)2 x 32 KBytes, 8-way set associative, 64-byte line size
L2 cache (per processor)2048 KBytes, 8-way set associative, 64-byte line size
Chipset & Memory 
NorthbridgeIntel E7230 rev. 00
SouthbridgeIntel 82801GB (ICH7/R) rev. A1
Graphic InterfacePCI-Express
PCI-E Link Widthx4
PCI-E Max Link Widthx16
Memory Type
Memory Size3072 MBytes
System 
System ManufacturerDell Inc.
System NamePowerEdge SC440
System S/NGPS2FBX
Mainboard VendorDell Inc.
Mainboard Model0NY776
BIOS VendorDell Inc.
BIOS Version1.5.0
BIOS Date09/04/2007
Memory SPD 
Module 1DDR2, PC2-5300 (333 MHz), 1024 MBytes, Transcend Information
Module 2DDR2, PC2-5300 (333 MHz), 512 MBytes, Nanya Technology
Module 3DDR2, PC2-5300 (333 MHz), 1024 MBytes, Transcend Information
Module 4DDR2, PC2-5300 (333 MHz), 512 MBytes, Nanya Technology
Software 
Windows VersionMicrosoft Windows XP Professional Service Pack 2 (Build 2600)
DirectX Version9.0c

DELL PowerEdge SC440 PCIe VGA用にx4スロット加工

SC440 VGA
DELL PowerEdge SC440はマザーボードのオンボードVGAでES1000ドライバを導入すればH.264の再生出来る程度の能力は持っているが、PCI-Expressのx4スロットに一般的なx16のグラフィックボードを増設するのがお約束の様だ。

物理的に入らないので、グラフィックボードを加工するかマザーボードのスロットを加工するかで、後者の方が簡単の様なので早速手持ちのホットナイフで挑戦、分厚いプラスティックなので焦らずじっくりナイフを当てると一分位ですっと下まで切り込めた、グラフィックボード分の厚さが必要なので両脇を切り込み、マイナスドライバーで切り取った。
もちろん、マザーボードと端子には養生を施したが、拍子抜けするくらい簡単にグラフィックボードが認識した、同梱のドライバーでは何故か使用できなかったので、Webサイトで最新版で1,680×1,050の表示が出来た。

x16のグラフィックボードがx4で動作しているのかx1なのかは良く解らないが、ゲームをするわけでは無いのでデジタル信号で綺麗になったので良しとする。

ただ、不思議なのはグラフィックボードを抜いても、NVRAMをクリアしてもオンボードVGAが認識しなくなってしまった、壊れたときの予備やHDBENCHの比較をしようとしたのに、残念。

データを取ってあったHDBENCHの比較をしてみる。

NameCPUVGAMemoryALLIntegerFloat
SC440Core2Duo 2.20GHzRadeon X1050DDR2 667MHz75,181314,598208,480
自作Pentium4 2.8CGHzRadeon 9600DDR 400MHz52,20686,041107,153
Inspiron 1501Turion64 X2Radeon X300DDR 400MHz40,75374,37287,298
LOOXT 70HNPentiumM 1.10GHzDDR 337MHz21,28450,49551,030
NameMemory RMemory WMemory RWRectangleTextEllipse
SC440167,065100,300198,55249,00014,9533,352
自作217,44667,126141,06424,60012,1815,675
Inspiron 150177,79959,958193,06845,8006,9675,680
LOOXT 70HN41,62132,60459,59025,7949,9735,915
NameBitBltD-DrawReadWriteRReadRWrite
SC4401485856,48055,02421,91324,179
自作701949,63671,96013,48227,075
Inspiron 15011135741,20734,85316,84418,560
LOOXT 70HN735922,32320,5708,1607,124

DELL PowerEdge SC440 ノートパソコン Vostro 1000 同時到着

SC440.jpg
土曜出勤から帰ってくると玄関先に大きな荷物が届いていた、今朝発送メールが携帯に届いて3/25到着予定との事だったが、当初の予定通り発注後二週間掛かったことになる。

「Vostro 1000」は「Inspiron 1501」と同スペックで大きさも違わないが、黒い筐体は精悍さがあって印象は良い。黒字に白い文字は年寄りにも見易いだろう。

「PowerEdge SC440 」は、梱包箱の大きさにびっくりしたが意外と小さな筐体だ、ケースの作りもしっかりしているし、ケースやパーツの固定にネジを一切使わない構成は見事。ケースの中身は大きなスペースがあるかと思いきや、巨大なヒートシンクや前面のケースファンが邪魔をして、余裕がありそうで無さそうだ。

HDDは WesternDigital WD800JD 80GB 3Gb/s 8MBキャッシュ 7,200RPM
メモリーはDDR2 PC2-5300 667MHz ECC 512M Nanya NT512T72U89B0BY-3C NANYAチップ NT5TU64M8BE-3C
DVD-ROMは東芝サムソン製 TS-H352

光学ドライブを取り替えて、HDDをもう一つ追加して、カードリーダーを組み込もうとしたらマザーボード上にUSBコネクターが見あたらない、USB増設スロットを購入しなくてはならないかと思ったが、片側がバラのオスコネクタになったUSBケーブルを背面のUSBコネクターに刺せば良いとの友人からアドバイスを受けたので今度購入する事とする。

それより誤算だったのがPS/2ポートが無い、USBキーボードは持っていないし、買うとしてもパソコン切替機も買い換えなければならない、まいった。とりあえず今日はこれまで。

windows版SDHCドライバー

DELL ノートパソコン Inspiron 1501 のSDカードスロットではSDHCは認識しない、次機種では対応していたし、EM・ONEαでもドライバーがあり認識しているのにwindows版ドライバーが無いのかと探していたが、ひょんなことに「Dell/Vostro/1000 - usyWiki」で情報を見つけた、SDカードスロットは同じ「Ricoh R5C832」なので早速ホットフィックスの申し込みをmicrosoftへ行ったら待つこと二日目にして情報メールが送られてきた、ダウンロードしてドライバーを組み込むと見事認識することが出来た。

そこで、手持ちのSDカードのスピードテストを「HDBENCH 330」で行った、しかしこのドライバーではSDHCのスピードが活かし切れていない、ところがUSBアダプターで試してみると(最下段)2~8倍のスピードアップとなった。

・Microsoft Windows XP でSD 高い容量(SDHC)メモリ カードのサポートを追加するホットフィックス

SDMBmadeReadWriteCopy
miniSD512MBGREENHOUSE22754893475
miniSD2GBUMAX22486112688
microSD2GBkingstone227147171045
microSDHC4GB上海問屋22316306940
microSDHC←USB接続4GB上海問屋18990109391292

DELL PowerEdge SC440

SC440.jpg
メイン機のマザボードが昇天した、他の部品は全部動作確認できたので被害は最小だったが、それにしてもiPod touchを接続しただけでショートして壊れてしまうのでは怖くて接続できない、何が原因だったのか?

Socket478のマザーボードは秋葉原にはBIOSTARの五千円程度の新品はあったが、ASUSの「P4P800」はおろかSocket478の中古マザボードは無い、じゃんぱらの店員曰く入荷するとすぐに売れてしまうとか、ヤフオクで三年前の新品価格で取引されているのも頷ける。一万円出して修復するのも考えたが、格安のサーバが出ていたのでポチしてしまった。

■PowerEdge SC440

・インテル(R) Pentium(R) Dual-Core プロセッサー E2180 (2GHz, 1MB L2 Cache, 800MHz FSB)
・チップセット インテル(R)3000 チップセット
・OS無し
・512MB (1x512MB 1R) DDR2/667MHz バッファ無し SDRAM DIMM ECC
・80GB 3.5インチ SATA�Uハードディスク (7,200回転)
・オンボードBroadcomギガビットNIC
・16倍速 IDE DVD-ROM
・SATAコントローラ(オンボード)x4
・ハードドライブベイ3.5インチx2
・フロントベイ:x1
・5.25インチ x2
・背面:シリアル x 1 、USB 2.0 x 5 、ビデオx1、NICx1
・前面:USB 2.0 x 2
・電源 標準305W
・1年間翌営業日対応オンサイト保守サービス(6営業日9-17時)
・PCI Expressx8(1),PCI Expressx4(1),PCI Expressx1(1),PCI (32ビット/33MHz)x2
オプション
・インテル(R) Core(TM) 2 Duo フ゜ロセッサー E4500 (2.20GHz, 2MB L2 Cache, 800MHz FSB) + 4,200円
<送料無料>
24,000円

E4500が市場14,000円程度で売っているのでその他の合計が10,000円相当になる超お買い得品、ここまで安いと自作は考えてしまう。メモリーはTranscendの1GBを二枚追加した、上海問屋以外は倍の価格がするからこれも不思議。

hardmakermadevaluedateshop
サーバパソコンDELLPowerEdge SC440 24,0002008/03/10DELL
メモリTranscendDDR2 PC2 5300 1GB (ECC対応/DELL)3,809×22008/03/11上海問屋

・Dell PowerEdge SC440 - usyWiki
・Dell PowerEdge SC440

DELL ノートパソコン Inspiron 1501 ブルーバック

久しぶりにW-ZERO3[es]をノートに繋いだ途端に画面が横縞模様となり制御不能となった、仕方が無いので電源を一旦外して強制終了後に立ち上げると、WindowsXPが起動した途端に下記の様にブルーバック画面が出てきた。通常この様な場合でも再度電源を入れ直したり、セーフモードで一旦起動後には正常になるのに、同じ画面が出てきて正常起動しなくなってしまった。


a problem has been detected and windows has been shut down to prevent damage to your computer.

if this is the first time you've seen this stop screen,
restart your computer. if this screen appears again,follow these steps:

check to be sure you have adequate disk space.if a driver is identified in the stop message,disable the driver or check with the manufacturer for driver updates. try changing video adapters.

chek with your hardware vendor for any BIOS updates. disable BIOS memory options such as caching or shadowing. restart your computer, press F8 to select advanced strtup options, and then select safe mode.

technical information:

*** stop: 0x0000008E (0xC0000005,0x80637904,0xAEC9CABC,0x000000000)

beginning dump of physical memory
physical memory dump complete.
contact your system administrator or technical support group for further assistance.


慣れない英語を読み、Webの翻訳サイトで調べてみると、ビデオアダプターを変えろみたいな事を言っているようだ、確かに画面が横模様になったので、W-ZERO3[es]を刺してUSBドライバーが組み込まれて何かビデオ関連がバッテヒングしたのかもしれない、ここ最近ではAdvanced/W-ZERO3[es]やロジクールのUSBマウスをインストールしているのでこれらも関係しているのかもしれない。

DELLのサイトでビデオドライバーをダウンロードして、セーフモードでインストールしようとすると「Direct8.0がインストールされていない」とエラーメッセージが出た、今度はMicroSoftのサイトからWindowsXP対応のWindows2000版をダウンロードして、ビデオドライバーはインストールせずとも無事に正常起動出来るようになった。

しかし、未だにブルーバック画面が出るとはMicroSoftも進化が無いな!!!

DELL ノートパソコン Inspiron 1501 Synaptics pointing device driver

タッチパッドは滅多に使わないので、タスクトレイに常駐しているアイコンを非表示とした、ところがその時に何か設定してしまったのか、スクロールバーの機能が停止してしまった、滅多に使わないとは言えそれでは何かの時に不便なので元に戻そうとしたが、どこを探しても設定するプログラムが見つからない。

通常はコントロールパネルのマウスのプロパティでSynapticsのデバイス設定画面があるのに消えている、DELLのWebサイトにはSynaptics関連のドライバーがWindows VIST用はあるがWindows XP用は見あたらない、ようやく本家のSynapticsサイトで最新版の「Windows 2000/XP v8.3.4」を見つけ無事タッチパッドの設定が出来た。

DELL ノートパソコン Inspiron 1501 インプレッション

HDBENCH
今まで使っていたフリーソフト等をインストールしてようやく環境が整ってきた。まだあまり触っていないけれどインプレッションを。

ベンチソフトは昔から定番の「HDBENCH」Ver3.46b6版 Ver3.xxからDual CPU対応しているとのこと、こうして比較してみるとDELLの廉価版とはいえDual CPUと三年間の進歩は、おおむね倍のパフォーマンスをたたき出している。体感速度も速く感じる、HDDの速度アップも効いているのだろう。

画面は10.6インチから15.4インチで大きいぐっと見やすくなった、光沢フィルムは動画を見るのには良いが、普段は顔の映り込みもあるので、それを選ばなかったのは正解。

キーボードは適度なクリック感があり打ちやすい、評判があまり良くなかったので意外だった、ただし小型キーボードに慣れてしまったのと、独立のPgUpキーは打ちやすいと思ったのがそうでも無かったのが、これも意外だったがそのうち慣れてくるのだろう。

タッチパッドはほとんど使わないが、無いと思っていたスクロール機能はちゃんとあった、その他色々機能も追加になっているので、マウスを使わないのも良いのかもしれない。

PCカードスロットもCFスロットも無くなり、ExpressCard/54スロットに変わっているがこれも時代の流れか、まぁUSBポートが2つ増えたので支障は無さそうだ、メモリースティックスロットが無いのは、カーナビのデータを吸い上げるのにちと不便になった、またS端子が無くなってしまったので、外出時にTVにDVDを写せなくなってしまったが、この大きくて重いA4ノートを持ち歩くことは少ないだろう。

ファンの音も小さく、小さなスピーカーもそれなり、3Dゲームも出来るかもしれないビデオカードの性能アップ、全般的に能力がアップして、富士通からDELLとは言え半額以下で買えるのは良い時代になったと言うことか。

>
スペックInspiron 1501LOOX T70HN
購入日2007.07.032004.05.23
CPUAMD デュアルコア Turion 64 X2インテルPentiumM プロセッサ 1.10GHz
チップセットATI Radeon Xpress 1150/SB600Intel 855GME
VIDEOチップセット内蔵(Radeon X300相当)チップセット内蔵
メモリーPC2-4200 2GB(max2GB)PC-2700 756MB(max1GB)
HDDSATA 5400rpm 180GBUltra ATA/100 4200rpm 80GB
スロットExpressカードスロットCFカードスロット/PCカードスロット
スロットSDカード/MMCSDカード/MMC/メモリースティック
光学ドライブCD-RW/DVD-ROMドライブDVDマルチドライブ
液晶15.4型低反射TFTカラーLCD 10.6型
解像度1,280×800ドット1,280×768ドット
USB2.0 (4)2.0 (2)
無線LANIEEE802.11 a/b/g準拠IEEE802.11 a/b/g準拠
ビデオ出力D-sub 15pin Sビデオ端子
IEEE1394S400 4ピン
356mm261mm
奥行266mm199mm
厚み36mm32.2~35.0mm
重量2.8kg1.21kg
価格77,450円195,850円

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
記事検索
livedoor 天気