VivoTab Note8

VivoTab Note 8 無償アップグレードのWindows10をクリーンインストール

windows10


1.現状のバックアップ
2.復元の確認
3.windows10をwindows8.1に上書きインストール
4.windows10のプロダクトキー確認
5.windows10のクリーンインストールの様な「何も引き継がない」方法
6.windows10のクリーンインストール

1.現状のバックアップ
VivoTab Note 8にwindows10をインストールした、その前にWindows 8.1でシステムイメージを作成しバックアップする方法を参考に、microSDカードに作成した。以前は専用ソフトが必要だったがwindows7で対応していたとは知らなかった。

2.復元の確認
復元はWindows 8.1でシステムイメージを使ってドライブを復元する方法を参考に試してみたが、手順は結構面倒で途中でVivoTab Note 8 はBitLocker機能を使用してドライブを暗号されていたので「回復キー」の入力を求められる、これはCドライブを暗号化しているのでその解除キーにあたる、予め以下の手順でファイルを保存しておくか印刷しておかないといけない。

「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「デバイスの暗号化」→「回復キーのバックアップ」

https://onedrive.live.com/recoverykeyここにアクセスして、登録してあるアドレスを選び、送られてきた7桁の数値を入力しても表示される。

3.windows10をwindows8.1に上書きインストール
前回VivoTab Note 8にはインストール出来なかったと書いたが、windows10Pro版をインストールしたためにWindows 8.1 with Bing 32biでは対応していないのでシリアル番号を求められたようだ、今回はwindows10HOME版をダウンロードWindows 10このサイトからダウンロードしてmicroSDカードから上書きインストールした。

4.windows10のプロダクトキー確認
インストール済みのWindows OSのプロダクト・キーを調べるここのサイトを参考にプロダクトキーをメモしておく。

5.windows10のクリーンインストールの様な「何も引き継がない」方法
Windows10へアップグレードし自動オンライン認証した後に、再度microSDカードから、「インストールする準備ができました」と表示され、「引き継ぐものを変更」をクリックして、「何も引き継がない」を選択するとクリーンインストールに近い状態になったが「windows.old フォルダー」が残っているので、その他にも残っているファイルがあるかもしれない。

Windows10をインストールすれば、回復領域にもインストールされるのかと思い、「コントロールパネル」→「」「更新とセキュリティ」→「回復」→「このPCを初期状態に戻す」を試してみた。しかし以下のエラーメッセージが出た、回復領域のwindows8.1は上書きされていないようだ、まぁ普通に考えればそうだな。

a configuration change was requested to clear this computer's TPM (Trusted Platform Module)

WARNING:Clearing erases infomation stored on the TPM. You will lose created keys and access to data encrypted by these keys.

press F12 or Volume up to clear the TPM
press ESC or Volume Down to reject this change request and continue

Volume Downを押して、元に戻した。

6.windows10のクリーンインストール
完全クリーンインストールするためにBIOSでFast BootとSecure Boot Controlを無効にする、こうしないとUSB ブートディスクから起動できない。
Security→Secure Boot Control→Disabled
Boot→Fast Boot→Disabled
Boot→Boot Option #1 windows Boot Manager→UEFI:Generic USB SD Reader 1.00

BIOS画面の出し方 「設定」→「PC設定の変更」→「保守と管理」→「回復」→「PCの起動をカスタマイズする」にある「今すぐ再起動する」オプションの選択画面で「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「UEFI ファームウェアの設定」→「再起動」→BIOS画面表示

コアウェーブ USB-A(メス)-microUSB(オス) 変換OTGバンジーケーブル CW-122MC  (USBホスト機能対応タイプ)とUSBハブを接続しキーボード・マウス・USB ドライブと認識させ、USB ブートディスクから起動してwindows10をインストールする、しかしチップセットがインストールされるまでは、画面タッチも画面キーボードも出てこないので、マウスとキーボードにて操作しなければならない。

プロダクト キーの入力は、4.windows10のプロダクトキー確認でメモしたのを入力し、無事クリーンインストール完了。

インストール完了後は無線LANだけは使えるようだが、microSDカード経由でASUS VivoTab Note 8 (M80TA)ドライバー&ツールからwindows8.1のドライバーの内下記のwindows10対応の二つを除いたドライバーをインストール、Chipsetの「SOC Driver Package」をまずインストールしないと他のドライバーがインストール出来ない。

公式ドライバー&ツールダウンロードサイトに、Windows10 32bit用 ATKPackage (For Windows 10 Upgrade)バージョン V1.0.0039が公開されている。

wacomの英語サイトにWindows10対応版のドライバがされている。TABLET PC – Enhanced Tablet Driver 7.3.1-7

Windowsタブレットにクリーンインストールは結構面倒だった、最終ヴァージョンと言われているwindows10に慣れなくてはいけないのだろうが、まだまだ完成度は低いと感じた。

ASUS VivoTab Note 8 まとめWIKI

Colorfly G808 3G VivoTab Note8 ファーストインプレッション

中華パッドColorfly G808 3G は、軽くて薄くて液晶も悪くないが、動画アプリを操作するとスライダーを調整しての早送りにもたつきがある、とは言え通常の使用では問題は無くまぁ快適と言える。

Windows8.1パッドVivoTab Note8 は、大きさ厚さ重さともにColorfly G808 3G よりやや大きいが、動画アプリを操作するとスライダーを調整しての早送りにももたつきは無くきびきび動いている。しかしタブレット用のストアアプリはどれも完成度が低く、AndroidやiPhoneで有名なアプリも機能が限定してとりあえず公開しましたと言うレベル、Windows8.1モデルが売れてくれば時間が解決するだろうが、どうだろうか。

Windows機なので通常のソフトはしっかり動くが、マウスとショートカットキーに慣れたソフトを、ペンと液晶キーボードでは使いづらい、しかしExcelがマクロまで動作するのは凄い、AndroidやiPadでExcel互換ソフトでようやく使えるのとは大違い、フリーソフトを含め今までの財産があるのは大きい、Acsessでデーターベースソフトを作ってしまえば、メイン機とタブレットや今後のWindowsPhoneで共有できるのも凄いことだ、iPhoneとMackBookで共通のソフトがあるからこの環境を好んできていたが、大きく変わってくるかもしれない可能性を感じた。しかし、それもWindowsタブレットやWindowsPhoneが売れて、ストアアプリが潤沢で機能が追いつくことが前提となる。

結局どちらの機種も通勤時の動画再生にしか使っていないので、iPad mini Retinaと比較すると高価な事もあり大きく引き離されている感は否めない、当分Appleの時代は続きそうだ。

iPad mini Retinaを手放してしまったので、こうなるとiPhone6Plusが俄然欲しくなってくる、iPhone5Sのコンパクト感は捨てがたいが、発売後半年を経過し大きな画面を活かす様にアプリも更新が進み老眼に優しいし、タブレットを持ち歩かなくても十分動画再生も視聴出来る環境はなかなか良さそう、胸のポケットに入れているときのYシャツのたるみがきになるが、さてどうしたものか。

サムスン microSDXCカード 64GB MG64D/FFP (FFP)

MG64D.png
今までタブレットに使用していたmicroSDカードはサムスン microSDHCカード 32GB class10で、速度より値段を重視していた、32GB class10 2,200円 CrystalDiskMarkのベンチで計測してみると24.11MB/sパソコンからの転送速度は遅くとも、動画等の再生には支障が無かった。

メイン機がUSB3.0に対応し、USB3.0カードリーダーも購入しどれくらいの効果があるのか、速度では評判の良いサムスン microSDXCカード 64GB MG64D/FFP (FFP)を購入した。

UHS-I規格対応のプロフェッショナルモデルSDカード
読出スピード最大90MB/s、書込スピード最大80MB/s。
防水、耐温度、耐磁、耐X線の4つの耐性「4-proofテクノロジー」
安心の10年保証と日本語電話サポート完備

MG64D 01.png
MG64D 02.png
ASUS VivoTab Note8に刺したG64D/FFPは、CrystalDiskMarkのベンチで計測してみると予想通り以前の32GBの数値と大きく変わらず23.81MB/s、内蔵型カードリーダーUSB3 OWL-CR6U3(B)/BOXにMG64D/FFPを刺して90MB/s前後が出るかと思いきや、40.01MB/sしか出ない、カードリーダの設定が悪いのか週末のお楽しみに。

残念ながら数値が上がらない、不良品だったかもしれない、残念。

hardmakermadevaluedateshop
microSDXCカード 64GBサムスンMB-MG64D/FFP5,9802015/03/01Amazon

Ewin bluetooth キーボード OXLAM006 折畳式スタンド

OXLAM006.png
Hebron.png
Windows8.1 ASUS VivoTab Note 8は、Windowsストアにあるアプリは、タッチパネル用にUIが整っているが、昔からのアプリはマウスとキーボードが無いと使いづらい、どちらの方が使いやすいかと言えば、歴史の浅いWindowsストアのアプリは少ないし、Android機と同じアプリでも機能が簡略化されていて使いづらい。

スタイラスと液晶キーボードの使い心地もいまいちなので、とりあえず小型bluetooth キーボードと折り畳み式スタンドを購入した。

しかしWindowsストアのアプリは今後繁栄していくのだろうか?Windows10フォンが出ても使えるアプリが無いと、Firefox OSスマートフォンと同様に衰退しまう気がする。

hardmakermadevaluedateshop
bluetooth キーボードEwinOXLAM0063,8802015/03/01Amazon
折畳式スタンドHebron OWL-CR6U3(B)/BOX9502015/03/01Amazon

Windows8.1 ASUS VivoTab Note 8

ASUS VivoTab Note 8.png
中華パッドのWindows8.1版がお手頃価格で出始めているたが中華パッド Colorfly G808 3G更に安価なAndroid4.2タブレットを購入し、内蔵8GBのROM領域を移動してメインメモリーを2.5GBに増やしたり、rootが取れていたので色々遊んではみたが、iPad mini Retinaとは動きが格段に違うし、使っている内に動作も不安定になってきた、とは言え使っているのは動画再生がメイン。

最初のきっかけに戻ってWindows8.1版を探した、メインメモリーは2GB以上内蔵ストレージは64GB以上8インチ液晶で解像度は1,280×800以上で絞ると、NEC LaVie Tab W TW708/T1S PC-TW708T1SASUS
ASUS VivoTab Note 8 R80TA-3740S
が気に入った、NECのは解像度が1,920x1,200と細かく値段もやや高く久しぶりのNEC製品で興味を引いたが、8インチの液晶では細かすぎて扱い辛いかと判断した、ASUSのは本体収納可能なスタイラスペンが付属して、microSDXCカード対応、ステレオスピーカーと他の機種とは少し機能が良く、Nexus7で培った技術は伝承されているだろう。

iPad やAndroidを使うに当たって、ソフトはWindowsのソフトと同じ様な機能を求めたり、Excelファイルを編集できたりする機能を求めたり、rootや脱獄して管理者モードの機能を求めたりしたが、Windows8.1ならその全てが網羅できる、タブレット特有のアプリケーションはまだまだ少ないかもしれないが、いじる要素はかなり広がる。

Microsoft Surfaceが安くなったので興味を持ったが、OSがWindows RTで通常のWindowsソフトが動作しないと言う、動作するのはSurface Proで値段は高かったので、手が出なかったが、ここにきてWindows 8.1 with Bingと言う名のWindowsソフトが動くタブレットがライセンス料金が安くなり本体価格が下がったので、一気に低価格化が進んだ、今後Windows10へのアップデートは未明だけれど、スマートフォンまでWindows10導入で、これからMicroSoftの大反撃が開始される。

製品名LaVie Tab W TW708/T1S PC-TW708T1SASUS VivoTab Note 8 R80TA-3740SLenovo Miix 2 8 59428524
メーカーNECASUSLenovo
発売日2014/12/112015/2/21-
OS種類*1Windows 8.1 with Bing 32bitWindows 8.1 with Bing 32bitWindows 8.1 with Bing 32bit
CPU*2Atom Z3740 1.33GHzAtom Z3740 1.33GHzAtom Z3740 1.33GHz
コア数4 コア4 コア4 コア
メモリー2GB2GB2GB
記憶容量64 GB64 GB64 GB
センサー加速度センサー加速度センサー加速度センサー
ジャイロセンサージャイロセンサージャイロセンサー
-光センサー光センサー
デジタルコンパスデジタルコンパスデジタルコンパス
統合ソフトOffice Home and Business 2013Office Home and Business 2013Office Home and Business 2013
マイク
カードスロットmicroSDカードmicroSDカードmicroSDカード
microSDHCカードmicroSDHCカード-
microSDXCカードmicroSDXCカード-
インターフェースmicroUSBmicroUSBmicroUSB
Micro HDMI--
バッテリーリチウムイオンリチウムポリマーリチウムポリマー
Wi-Fi 通信:8時間駆動時間:11.8時間駆動時間:10時間
?3,950mAh4,730mAh
スピーカステレオスピーカ(1W + 1W)ステレオスピーカモノラル
画面サイズ8 インチ8 インチ8 インチ
液晶タイプIPSIPSIPS
画面解像度1920x12001280x8001280x800
Wi-Fi(無線LAN)-IEEE802.11aIEEE802.11a
IEEE802.11bIEEE802.11bIEEE802.11b
IEEE802.11gIEEE802.11gIEEE802.11g
IEEE802.11nIEEE802.11nIEEE802.11n
GPS
背面カメラHD解像度(1080p)対応カメラWebカメラ
画素数500 万画素500 万画素500 万画素
前面カメラHD解像度(720p)対応カメラWebカメラ
画像数92 万画素126 万画素200 万画素
幅x高さx奥行126x9.9x215 mm220.9x10.95x133.8 mm215.6x8.35x131.6 mm
重量370 g380 g350 g
付属ACアダプター・ケーブルACアダプター・ケーブル・スタイラスペンACアダプター・ケーブル
最安価格\35,300\25,920\26,497

hardmakermadevaluedateshop
WindowsタブレットASUSVivoTab Note 825,9202015/02/21PCDEPOT

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
記事検索
livedoor 天気